メインコンテンツまでスキップ

E シリーズアレイのサポートデータ( CASD )を収集する方法

Views:
31
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • E シリーズ SANtricity 管理ソフトウェア
  • Eシリーズ システム:

概要

  • この記事では、 NetApp E シリーズシステムのサポートデータを収集する手順について説明します。
  • この手順はネットアップファームウェア 8.10 以降で実行されますが、すべてのファームウェアバージョンで同様です。 

手順

従来の SANtricity クライアント
  1. SANtricityStorage Manager を開きます
  2. Open Array Management の略
  3. [Summary]タブをクリックします。
  4. [ モニタ ] セクション
    で、 [ サポートデータの収集 ] を手動でクリックすると、 [ AutoSupport データの収集 ] ウィンドウが開きます。
  5. [参照]をクリックします。
  6. サポートバンドルとの保存先を指定します サポートバンドルファイルの名前を入力します
  7. [Save]をクリックします。
  8. Collect AutoSupport Data ウィンドウで 、 Start をクリックします
Web ベースの SANtricity システムマネージャ( SAM )
  1. アレイを SAM で開きます
  2. 画面の左側で 、 Support Center (サポートセンター)を選択します
  3. Diagnostics タブを選択します
  4. [ サポートデータの収集 ] を選択します。
  5. Collect をクリックします
  6. 選択した場所にファイルを保存します。

注:

  • サポートバンドルが生成され、保存されます。この処理には数分かかる場合があります。
  • 作成さ[1]れたファイルは、電子メールで添付するか、ここにアップロードして、ネットアップサポートセンターに送信できます。
  • ファイルが大きすぎ [2][3] て E メールで送信できない場合や upload.netapp.com サイトがブロックされている場合は、ネットアップサポート担当者に連絡してサポートデータを転送してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support