メインコンテンツまでスキップ

エラー以上のイベントのみをsyslogサーバに送信するようにEシリーズを設定する方法

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

E2800、E5700、 EF600またはEF300( SANtricity OS 11.70.1以降を使用している場合)

説明

この資料では 、エラー以上のイベントのみをsyslogサーバに送信できるEシリーズを設定するための手順について説明します。
  • syslog ファシリティについて
    •  現在デフォルトでsyslogに送信できるのは重大イベントのみであるため、EシリーズのdefaultFacilityは変更しないでください。
    • syslogファシリティは、 syslogサーバにログを送信しているデバイスを示します。
      • syslogサーバに複数のファシリティを割り当てる必要はありません。
      • このオプションでは、ログに記録される内容やsyslogサーバに送信される内容は変更されません。
      • defaultFacility=3   Eシリーズでは、デフォルトではが設定されています。

        C:\SMcli-01.80.00.9004\bin>SMcli 10.128.227.51 -u admin -P - -k -c "clear syslog configuration;"

        Password:
        Performing syntax check...
        Syntax check complete.
        Executing script...
        Script execution complete.
        SMcli completed successfully.

        C:\SMcli-01.80.00.9004\bin>SMcli 10.128.227.51 -u admin -P - -k -c "show syslog summary;"

        Password:
        Performing syntax check...
        Syntax check complete.
        Executing script...

        SYSLOG SUMMARY
          Default facility: 3
          Default tag: StorageArray
          Syslog format: rfc5424
          Syslog Servers
            Not configured

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.