メインコンテンツまでスキップ

旧バージョンの SANtricity 管理プラグインおよび API 用の Java JRE バージョンにパッチを適用する方法

Views:
20
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-management-plug-ins
Specialty:
esg
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • SANtricity
  • NetApp - アプリケーション Web サーバで使用される Java Runtime Environment ( JRE )を更新するためのパッチ。  
  • VMware vCenter 向け NetApp SANtricity プラグイン
  • Microsoft System Center Operations Manager 用 NetApp SANtricity Management Pack
  • NetApp SANtricity Web Services Proxy
  • NetApp SANtricity ストレージレプリケーションアダプタ
  • NetApp SANtricity VASA プロバイダ
  • VMware vCenter 2.7 向け NetApp E シリーズプラグイン
  •  NetApp SCOM Integration Pack 2.1
  •  NetApp SANtricity Web Services Proxy 1.1
  •  E シリーズ 5.5 用 NetApp ストレージレプリケーションアダプタ
  •  NetApp VASA Provider for E シリーズ 5.5

説明

この資料では、旧バージョンの SANtricity 管理プラグインおよび API 用の Java JRE バージョンにパッチを適用する方法について説明します。
このスクリプトを使用すると、 Web サーバの実行に使用する JRE のバージョンを、事前にインストールされたバージョンから新しいバージョンに変更できます。
 

スクリプトは、ネットアップのサポートサイト
( SANtricity Management Plug-in -1.0j )にあります
 

新しい JRE は、次のリンクから Oracle からダウンロードして、ドキュメントに従ってインストールできます。
Java SEのダウンロード

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device