メインコンテンツまでスキップ

旧バージョンの SANtricity 管理プラグインおよび API 用の Java JRE バージョンにパッチを適用する方法

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-management-plug-ins
Specialty:
esg
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • SANtricity
  • NetApp - アプリケーション Web サーバで使用される Java Runtime Environment ( JRE )を更新するためのパッチ。  
  • VMware vCenter 向け NetApp SANtricity プラグイン
  • Microsoft System Center Operations Manager 用 NetApp SANtricity Management Pack
  • NetApp SANtricity Web Services Proxy
  • NetApp SANtricity ストレージレプリケーションアダプタ
  • NetApp SANtricity VASA プロバイダ
  • VMware vCenter 2.7 向け NetApp E シリーズプラグイン
  •  NetApp SCOM Integration Pack 2.1
  •  NetApp SANtricity Web Services Proxy 1.1
  •  E シリーズ 5.5 用 NetApp ストレージレプリケーションアダプタ
  •  NetApp VASA Provider for E シリーズ 5.5

説明

この資料では、旧バージョンの SANtricity 管理プラグインおよび API 用の Java JRE バージョンにパッチを適用する方法について説明します。
このスクリプトを使用すると、 Web サーバの実行に使用する JRE のバージョンを、事前にインストールされたバージョンから新しいバージョンに変更できます。
 

スクリプトは、ネットアップのサポートサイト
( SANtricity Management Plug-in -1.0j )にあります
 

新しい JRE は、次のリンクから Oracle からダウンロードして、ドキュメントに従ってインストールできます。
Java SEのダウンロード

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support