メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

E シリーズコントローラでのリブートのタイプとその違いは何ですか。

Views:
28
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-systems
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • E2600
  • E2700
  • E2800
  • E5400
  • E5500
  • E5600
  • E5700
  • EF280
  • EF540
  • EF550
  • EF560
  • EF570

回答

ソフトリブート
  • プロセッサをリブートするだけで、デフォルトのリブート方法になります
  • ファームウェアを実行し、電源投入時の自己診断 (POST) を実行しない
  • コマンドの例:

reboot

ハードリブート
  • ボード全体をリセットします
  • コード内の通常のリブートフックをバイパスします
  • ファームウェアを実行して POST を実行しない
  • コマンドの例:

sysReboot

ハード電源オンイベント
  • 電源が遮断された場合にのみ発生(停電、コントローラの電源オフ)
  • Field Programmable Gate Array ( FPGA )レジスタがリセットされます
  • E シリーズコントローラは、 FPGA レジスタの初日( SOD )時のチェックによって、ハード電源オンイベントが発生したかどうかを判別します。
  • POST を実行します

追加情報

N/A

 

Scan to view the article on your device