メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

OEM バージョンの SANtricity Storage Manager を搭載したシステムで ASUP 自動ケース作成が行われない場合があるのはなぜですか?

Views:
23
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-storage-manager
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

SANtricity Storage Manager

回答



システムの OEM バージョンの SANtricity Storage Manager に影響がある場合は、 Active IQ を確認してください。 MEL イベントには、カスタマイズされた説明が使用される場合があります。状況によっては、ASUP の自動ケース作成が実行されない可能性があります。E シリーズストレージシステムを管理し[1]ているお客様には、ネットアップのサポートサイトで入手可能な最新バージョンの SANtricity Storage Manager を使用することをお勧めします。

SANtricity Storage Manager の OEM バージョンは、すべての ASUP ヘッダーデータにある「 os-version 」の「 msw :」セクションで確認できます。SANtricity Storage Manager のビルド番号の形式は「MSW: xx.xx.xxxx.xxxx ,xx.xx.xxXX.xxxx 」になります。この場合、ビルドの 7 桁目と 8 桁目にゼロ以外の値が表示され、 OEM バージョンが示されます()。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?