メインコンテンツまでスキップ

vApp / OVA および RHEL への AIQUM ファイルの導入に失敗したかどうかを確認する方法

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )バージョンに依存しません
  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )のバージョンに依存しません
  • OnCommand パフォーマンスマネージャ( OPM )のバージョンに依存しません

手順

*.war ファイルと *.ear ファイルの展開に失敗したか、またはアクティブに展開されていないかを判断する方法

  1. ルートプロンプトにアクセスします。
  • 仮想マシンを導入する場合は、 KB で説明されている手順に従って diag ユーザを有効にする必要がありActive IQ Unified Manager 仮想マシン( OVA )の DIAG シェルへのアクセス方法ます。 Active IQ Unified Manager 仮想マシン( OVA )の DIAG シェルにアクセスする方法、コマンドを使用して root に切り替える方法: sudo su -
  • Red Hat Enterprise Linux ( RHEL )の場合は、該当する手順に従って root プロンプトを表示します。  これは環境によって異なる場合があります。
  1. 次のコマンドを実行します。

    ls -la /opt/netapp/essentials/jboss/standalone/deployments/

    例:
  2. 影響 UM 7.3RC1 RHEL インスタンスからの出力:

    [root@um ~]# ls -la /opt/netapp/essentials/jboss/standalone/deployments/
    total 545892
    drwxr-xr-x 4 jboss jboss 4096 Jan 12 09:53 .
    drwxr-xr-x 7 jboss jboss 4096 Jan 12 09:21 ..
    drwxr-xr-x 3 jboss jboss 4096 Jan 12 09:20 datasources.war
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 datasources.war.failed
    -r--r--r-- 1 root root 193653963 Oct 23 09:50 dfm-app.war
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 dfm-app.war.failed
    -r--r--r-- 1 root root 352602041 Oct 23 09:50 dfm-report-app.ear
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 dfm-report-app.ear.failed
    -r--r--r-- 1 root root 9881686 Oct 23 09:51 dfm-script-plugin.war
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 dfm-script-plugin.war.failed
    -rwxr-xr-x 1 jboss jboss 2785507 Oct 23 02:22 mega-app.ear
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 mega-app.ear.failed
    drwxr-xr-x 4 jboss jboss 4096 Oct 23 02:22 mega-schema.war
    -rw-r--r-- 1 jboss root 222 Jan 12 09:53 mega-schema.war.failed
    -rw-r--r-- 1 jboss jboss 8869 Feb 17 2017 README.txt
    [root@um ~]#

    注:すべてのが失敗または未展開として表示されるわけではありません。ファイルは 1 つだけです。

 

Scan to view the article on your device