メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager 5.x の問題のトラブルシューティングで収集する必要のあるデータ

Views:
24
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager-core-package
Specialty:
om
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

OnCommand Unified Manager 5.x 

回答

最も有用[1]な一般的なデータのセットは、サポートツールチェストから入手できる DFMDC ツールを使用して簡単に収集できます。

問題の原因が 1 つ以上-f filer1,filer2,filerNのファイラーである場合は、スイッチを使用して、ストレージコントローラへの OnCommand Unified Manager の接続に関する詳細を収集する必要があります。  

DFM 5.2 以降には dfmdc ツールが組み込まれているので、お客様はツールをダウンロードせずに次のコマンドを実行できます。

  • dfmdc -f filer1,filer2,filer3,...

Protection Manager の問題が発生した場合は、 DFMDC が既存のデータセットに関する詳細情報を自動的に収集特定のバックアップに問題があることがわかっている場合は、 UM サーバの CLI から次のコマンドを実行すると出力されます

  • dfpm job list

上記コマンドの出力を確認し、代表的なバックアップ実行のジョブ ID を確認して、を実行します

  • dfpm job detail <jobid>

これにより、バックアップの詳細のログが取得され、報告された問題を迅速に解決できます。  

パフォーマンスデータに問題がある場合は、 UM サーバの CLI から次のコマンドが出力されます。

  • dfm perf data describe <hostname>

DFMDC が収集されたら、次の KB を参考にしてファイルをネットアップにアップロードできます

 

Scan to view the article on your device