メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

ONTAP 9 と Unified Manager のパフォーマンス容量

Views:
85
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
om
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • Active IQ Unified Manager 

回答

パフォーマンス容量は、 ONTAP 9 と OnCommand Unified Manager ( OCUM )が同時にサポートする新機能で、ストレージ環境のパフォーマンスヘッドルームをプロアクティブに監視できます。この機能を使用すると、ストレージ管理者は次のような問題に対処できます。

  • 新しいボリューム /LUN の作成に最適な場所はどこですか。
  • このボリューム / LUN はどこに移動できますか
  • このクラスタは過剰に使用されていますか。
  • 特定のクラスタリソースが過剰に使用されていますか。
  • このクラスタはいつ使用率が高くなりますか。


1001438_1.png

詳細については、次の NetApp TechComm TV のビデオで、この機能の使用方法を参照してください。