メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

Server ソフトウェアのトラブルシューティングを行う際に、 Windows ホストに RDP する理由

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-system-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

Windows オペレーティングシステムでホストされるネットアップのソフトウェアアプリケーション。

 

回答

ネットアップソフトウェアがオンラインでデータを提供しているにもかかわらず、リモートシステムの Web ブラウザからはアクセスできない場合があります。

リモートシステムからの Web アクセスが不可能な場合は、サーバソフトウェアをテストする最も信頼性の高い方法として、 Windows ホストオペレーティングシステムに直接 RDP を使用することを推奨します。

  • リモートデスクトップから Windows ホストにログインできない場合は、 Windows 管理者にお問い合わせください。

 

RDP に関するその他のトラブルシューティング情報については、次の URL を参照してください。 

Microsoft RDP の一般的なトラブルシューティング