メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

CRC エラーとアンダーランエラーとは何ですか。

Views:
136
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
metrocluster
Specialty:
metrocluster
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 7 以前

回答

CRC エラー
CRC エラーは、 Fibre Channel-Arbitrated Loop ( FC-AL )を通過するフレームのデータペイロードに存在します。エラーは、 Data ONTAP がディスク(ディスクや ESH モジュールなど)に書き込むときに、ループ内のデバイスによって検出されます。一般に、エラー検出デバイスはエラーの原因ではありません。 

CRC エラーが検出されると、 Data ONTAP は影響を受けるデータを再送信します。通常、これらのエラーは一時的なものであるため、再送信を行うと問題が解消されます。Data ONTAP は、 I/O 処理の再パスと再試行を 3 回試行します。3 回の再送信に失敗すると、 Data ONTAP はディスクに障害を発生させます。 

メモ: CRC エラーのトラブルシューティングを行う場合は、 CRC エラーの原因となっているデバイスがループ内でディスクに報告される前の場所にあることに注意してください。「 fcadmin link_stats 」コマンドと「 device_map 」コマンドを使用して、障害が発生したディスクがループ内に入る前の状態を確認します。

アンダーランエラー
アンダーランエラーは、イニシエータから要求された読み取り処理が、ディスク(読み取り対象)とイニシエータ( Filer アダプタ)の間のパス上のデバイスによって破損した場合に発生します。アンダーランエラーの増加をトラブルシューティングする場合は、エラーを報告した後にデバイスを調べます。破損する可能性があるデータフローのほとんどは、ディスクからイニシエータへの読み取りです。

追加情報

ここにテキストを追加します。