メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ONTAP でNDMPセッションの制限はどのように機能しますか。

Views:
93
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ndmp
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • NDMP

回答

この記事は、ONTAP を実行するストレージコントローラに関する、回答 セッションのスケーラビリティに関する次の質問を目的としています

  1. NDMPセッションの種類は何ですか。
  2. プラットフォームのNDMPセッションの制限
  3. これらの制限は、クラスタ全体のSVM(SVM)およびLIFでどのように機能しますか。
  4. NDMPセッションの監視方法


NDMP セッションの種類を教えてください。

NDMPセッションの制限事項を理解するためには、NDMPセッションの分類方法を理解することが重要です。NDMP セッションは、次の 2 つのカテゴリに分類できます。

  1. ダンプセッションとリストアセッション:ディスクまたはテープとの間でデータを直接バックアップするNDMPセッションです。NDMPデータまたはテープサービスと連携します。
  2. 制御セッションまたは「共通」セッション:NDMP制御接続は、NDMPクライアント(通常はバックアップアプリケーション)とNDMPサーバ(通常はネットアップストレージコントローラ)間でNDMP制御コマンドまたはNDMPメッセージを送受信します。

ダンプセッションとリストアセッションは、 Data ONTAP 8.2 以降のリリースではプラットフォームに依存します。次の表に示します。制御セッションはプラットフォームに関係なく 4 にハードコードされますが、次の高度なコマンドを使用して手動で増やすことができます。これは通常、バックアップアプリケーションが 1 つのダンプまたはリストアセッションに対して複数の制御セッションを開く場合に使用します。
::> set advanced
::*> system services ndmp modify -node <node_name> -common-sessions <integer>

:上記のコマンドは、 NDMP がノードスコープまたは vserver スコープに指定されているかどうかに関係なく適用されます。

警告:このパラメータを大きくすると、メモリ消費量が増加したためにストレージシステムが応答しなくなる可能性があります。

詳細についてsystem services ndmp modify[1]は、マニュアルページを参照してください。
 

プラットフォームのNDMPセッションの制限

ONTAP セッションの最大数はプラットフォームメモリに基づいており、ノード単位の値です。コントローラがどのカテゴリに属し[2]ているかわからない場合は、『 Hardware Universe 』を参照してください。

メモリ 制御 / 共通セッションの制限 ダンプ / リストアセッションの制限 合計セッション数の制限
 WAFL ローメモリプラットフォームまたは 16 GB 未満  4  4  8
 WAFL ミッドメモリプラットフォーム、または 16 GB 以上、 24 GB 未満  4  16  20
 WAFL ハイメモリプラットフォームまたは =24 GB 以上  4  32  36



これらの制限は、クラスタ全体の SVM ( Vserver )および LIF でどのように機能しますか。

NDMP セッションの制限は、ノード単位の制限です。したがって、各ノードに専用の NDMP セッション「 pool 」があります。どのプールが使用されるかは、 NDMP 接続で使用する LIF をホストしているノードによって異なります。このため、 NDMP 接続に使用している LIF と、 LIF がホストされているノードを考慮することが重要です。

たとえば、 clustered Data ONTAP 8.2 を実行している FAS3250 の 2 ノードクラスタのシナリオを考えてみます。このプラットフォームでは、 NDMP セッションの合計数が 20 に制限されています。クラスタ管理者は、 data_lif 1 と data_lif 2 を持つ svm1 を作成します。クラスタ内のノード 1 で DATA_LIF 1 と DATA_LIF 2 の両方がホストされている場合、これらの LIF を介して作成されたすべての NDMP セッションは、合計 20 セッションの同じセッションプールを共有します。

: NDMP セッションの制限は、 NDMP の範囲とは無関係です。

 

NDMP セッションを監視するにはどうすればよいですか。

clustered Data ONTAP 8.2 以降で実行されている NDMP セッションの合計数を確認するには、次の手順を実行します。

  1. を実行 system services ndmp node-scope-mode status して、クラスタで現在実行されているNDMPの範囲を確認します。有効にすると、クラスタがノードを対象としたモードで動作しています。無効にした場合、クラスタはSVMを対象としたモードで動作しています。
    ::> system services ndmp node-scope-mode status
    NDMP node-scope-mode is disabled.

  2. ノードを対象 system services ndmp status としたモードで動作している場合は、を実行してクラスタで開いているNDMPセッションを確認します。SVMを対象としたモードで動作している場合 vserver services ndmp statusは、を実行します。
    cluster::> vserver services ndmp status
               Session
    Vserver         Id
    ------------------ ------------
    cluster       1000:60293
    cluster       1001:67917
    2 entries were displayed.

  3. system services ndmp probe ノードを対象 vserver services ndmp probe としたモードの場合、または前のコマンドで指定したNDMPセッションIDと一緒に使用して、NDMPセッションに関する詳細データを検索します。アクティブ Data StateMover Stateまたはリストアセッションがある場合は、NDMPダンプまたはリストアセッションになります。このコマンドは、処理が実行されているノードも表示します。
    cluster::> vserver services ndmp probe 1001:67917

    Vserver: cluster
    Session Identifier: 1001:67917
    NDMP Version: 4
    Session Authorized: true
    Data State: ACTIVE      <--ACTIVE Data State indicating dump or restore session
    Data Operation: RESTORE    <--Data Operation is a RESTORE
    Data Server Halt Reason: NA
    Data Server Connect Type: TCP
    Data Server Connect Address: 169.254.0.1
    Data Server Connect Port: 52797
    Data Bytes Processed: 350859264
    Mover State: IDLE
    Mover Mode: NOACTION
    Mover Pause Reason: NA
    Mover Halt Reason: NA
    Mover Record Size: 0
    Mover Record Number: 0
    Mover Bytes Moved: 0
    Mover Seek Position: 0
    Mover Bytes Left to Read: 0
    Mover Window Offset: 0
    Mover Window Length: 0
    Mover Position: 0
    Mover SetRecordSize Flag: false
    Mover SetWindow Flag: false
    Mover Connect Type: LOCAL
    Mover Connect Address:
    Mover Connect Port: 0
    Effective Host: PRIMARY
    NDMP Client Address: 169.254.0.1
    NDMP Client Port: 29773
    SCSI Device ID: None
    SCSI Host Adapter: -1
    SCSI Target ID: -1
    SCSI LUN ID: -1
    Tape Device: Not open
    Tape Mode: READ
    Node: cluster-02       <--NDMP session is established on node "cluster-02"
    Is Secure Control Connection: false
    Data Backup Mode: DUMP
    Data Path: /dataSVM/restoreVol
    NDMP Source Address: 169.254.0.1

追加情報

N/A

 

Scan to view the article on your device