メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

CBT :特定のセカンダリプロジェクトに必要なプライマリ 7-Mode の詳細をすべて提供する方法

Views:
24
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

7-Mode Transition Tool

回答

CBT :特定のセカンダリプロジェクトに必要なプライマリ 7-Mode の詳細をすべて提供する方法

次の手順では、プライマリボリュームとセカンダリ 7-Mode ボリュームの移行に関連するプロセスと、移行中に SnapMirror 関係を保持する方法について説明します。

  1. セカンダリの 7 モードボリュームをすべて使用して、セカンダリプロジェクトを作成します。 
  2. プライマリプロジェクトをすべてのプライマリ 7-Mode ボリュームで構成します。
  3. プライマリ 7-Mode の詳細をセカンダリプロジェクトに追加し、セカンダリクラスタ SVM の詳細をプライマリプロジェクトに追加します。
  4. ベースラインを開始し、最初にセカンダリプロジェクトを完了(カットオーバー)します。セカンダリプロジェクトの完全な処理中、 7-Mode Transition Tool は、 7-Mode のプライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係を作成します。
  5. ベースラインを開始し、プライマリプロジェクトを完了します。プライマリプロジェクトの完了(カットオーバー)操作は、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)後にのみ実行する必要があります。プライマリプロジェクトの処理が完了すると、 7-Mode Transition Tool によって、 7-Mode プライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係が削除され、プライマリクラスタ SVM ボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係が作成されます。

7-Mode Transition Tool CLI を使用してセカンダリボリューム( SnapMirror 関係のデスティネーションボリューム)を移行する場合は、プライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細をプロジェクトに提供する必要があります。これらの詳細は、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中に、 7-Mode のプライマリボリュームと clustered Data ONTAP のセカンダリボリュームとの間にボリューム SnapMirror 関係を作成するために必要です。

プライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細をセカンダリプロジェクトに追加しないと、ツールは、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中に、 7-Mode プライマリボリュームと clustered Data ONTAP セカンダリボリューム間に必要なボリューム SnapMirror 関係を作成できません。

バージョン 3.0 より前の 7 つの MTT では、必要なプライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細がすべてプロジェクトに追加されていない場合、ツールによって警告が生成されます。

3.0 以降のバージョンの 7MTT では、必要なプライマリ 7-Mode ストレージシステムの詳細情報がすべてプロジェクトに追加されていない場合、事前チェック処理中に無視できないブロックエラーがツールに表示されます。

手順

プライマリ 7-Mode システムの詳細をセカンダリプロジェクトに提供するために使用できる 7MTT コマンドは、次のとおりです。

7 つの MTT V3.0 以降のリリース:
transition cbt add-primary-seven-mode-system -p <project-name> -h <primary-7-mode-host> -f <management-ipaddress> -d <data-copy-ipaddress> -m <multipathing-ipaddress>

V3.0 より前の 7 つの MTT リリースの場合:
transition add-primary-seven-mode-system -s <project-name> -h <primary-7-mode-host> -f <management-ipaddress> -d <data-copy-ipaddress> -m <multipathing-ipaddress> 

有効なオプションは
-p/-s <project-name>  、次のとおりです。ソース
-h <primary-7-mode-host>
-f <management-ipaddress>ホストのプライマリ 7-Mode システムの project-fqdn または IP アドレス
-d <data-copy-ipaddress>- データがコピーされる IP アドレス
-m <multipathing-ipaddress> - データコピーに使用される追加の IP アドレス

primary-7-mode-host「」の値は、セカンダリ 7-Mode で表示されるプライマリ 7-Mode ストレージシステム名である必要があります システム。
たとえば、 SnapMirror 関係エントリ

secondary::>snapmirror status secondary-volume
Source              Destination             
source-name:primary-volume    secondary-host:secondary-volume   


がセカンダリ 7-Mode システムで次のように表示されている場合、「 source-name 」はプライマリ 7-Mode コントローラの FQDN または IP アドレス、または接続名のいずれかになります。
    
プライマリ 7-Mode FQDN または IP アドレス:

source-nameprimary-7-mode-host」がプライマリ 7-Mode コントローラの FQDN または IP アドレスを表している場合は、この値を「」フィールドに入力する必要があります。
    
接続名:

「 source-name 」が接続名を表し、接続が次のように定義されている場合:

source-name = connection-mode(source-fqdn-or-ip1,dest-fqdn-or-ip1) (source-fqdn-or-ip2,dest-fqdn-or-ip2)

この場合、「 primary-7-mode-host 」の値は、「 source-fqdn-or -ip1 」または「 source-fqdn-or -ip2 」のいずれかである必要があります。

3.0 以降のバージョンの 7-Mode Transition Tool :

7-Mode Transition Tool で生成されたブロッキングエラーを無視して、移行を続行する場合は、次の手順を実行します。 7-Mode Transition Tool が実行されているホストで次のコマンドを実行し、操作を再実行します。 

transition cbt ignorableerrors add -p <project-name> -c ignore-secondary-snapmirror-source-check

:このコマンドは、 7 モード移行ツールの 3.0 バージョンからのみ使用できます。

 

追加情報

詳細[1]については、『 7-Mode Transition Tool Copy-Based Transition Guide 』を参照してください。

 

Scan to view the article on your device