メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NAT は、 ONTAP のクラスタピアリングまたは SnapMirror でサポートされていますか。

Views:
121
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • SnapMirror

回答

いいえ。ネットワークアドレス変換( NAT )は、 ONTAP クラスタピアリングまたは SnapMirror ではサポートされていません。

  • 2 つのクラスタ間でクラスタピア関係が確立されると、 クラスタピアアドレスが検出されます。
  • クラスタピアアドレス 検出 は、クラスタがローカル / プライベートのクラスタ間 LIF の IP アドレスを共有して必要な接続を特定し、クラスタピアの健常性を確認するプロセスです。
  • 検出さ cluster peer create れた IP アドレスと到達可能なアドレスが一致していない場合、またはコマンドを実行して設定するとピアリングが失敗し、 SnapMirror 関係が適切に機能しなくなります。
  • あるネットワークアドレスを別のアドレスに変換するため、 NAT では原因クラスタピアリングが失敗し、 SnapMirror 関係が適切に機能しません。

追加情報

この問題[1]は、拡張バグ 787589 のリクエストで追跡されています。

 

Scan to view the article on your device