メインコンテンツまでスキップ

NetApp H610S の設置要件は、交換用ノードまたは拡張ノードで異なります

Views:
50
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • H610S
  • HCI フラッシュストレージノード    
  • HCI ストレージエレメント OS    
  • SolidFire すべてのフラッシュアレイ       
  • SolidFire Element OS 

回答

Element バージョン 11.8 以降には、 H610S プラットフォームの重要な BIOS およびコンポーネントファームウェアの更新が含まれています。このような重要な更新により、ネットアップは新しい拡張ノードと RMA 交換用ノードを、 BIOS およびファームウェアの更新版が含まれる Element バージョンで出荷するようになりました。

更新された BIOS およびファームウェアのリビジョンが Element バージョン 11.7 以前と互換性がなく、更新されたノードの BIOS またはコンポーネントファームウェアを以前のバージョンにダウングレードすることはできません。 そのため、新しい拡張ノードおよび RMA 交換用ノードとの互換性を確保するには、クラスタを Element バージョン 11.8 以降にアップグレードする必要があります。

 
Element 11.8 以降に付属する重大な修正プログラム、 H610S のアップグレード手順、 Element 、 BIOS 、およびコンポーネントファームウェアの互換性のないバージョンに関連する問題の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

 


H610S Element のバージョン - インストールとアップグレードの要件

 

新しい H610S 拡張ノード

またはアドオンノード:新しい H610S ノードは、 Element バージョン 12.0 以降のみで出荷されています。  これらのノードの BIOS とファームウェアのリビジョンを Element バージョン 11.7 以前と互換性がないため、新しいノードの追加に対応できるようにするには、クラスタを Element バージョン 11.8 以降にアップグレードする必要があります。   
 




Element 11.7 以前の H610S RMA 交換ノードクラスタは、互換性のある RMA 交換ノードが利用可能な状態でサポートされます( 2020 年 12 月までに予定)。リザーブサプライの容量が不足した場合は、 RMA を交換する前に、クラスタを Element バージョン 11.8 以降にアップグレードする必要があります。
 
重要: Element バージョン 11.8 以降を使用するクラスタに Element バージョン 11.7 以前の RMA 交換ノードをインストールする場合、「電源切断プロセス」の手順が追加で必要になります。

 


H610S RMA の交換と新しい拡張ノードの情報:

クラスタ:Element 11.7 以前

新規または RMA 交換用ノード:Element 11.7 以前

クラスタ:Element 11.8 以降

新規または RMA 交換用ノード:Element 11.7 以前

クラスタ:Element 11.8 または 12.0

新規または RMA 交換用ノード:Element 11.8 以降

クラスタ:Element 11.8 または 12.0

新規または RMA 交換用ノード: Element 12.2 以降

RMA の交換

  • ノードは Element 11.7 以下で、通常の手順でクラスタに追加できます。
  • これらのノードの電源供給には制限があり、 2020 年 12 月までに供給される予定です。
  • リザーブサプライ品が枯渇した場合、 RMA の交換を完了する前に、クラスタを Element バージョン 11.8 以降にアップグレードする必要があります。
  • また、 H610S ノードを含むすべてのクラスタは、これらのリリースに含まれる BIOS およびファームウェアの重要な更新のため、できるだけ早く Element 11.8 以降にアップグレードすることを推奨します。

新しいアドオンノードまたは拡張ノード

  • すべての新しいノードが Element 12.0 よりも高い値で出荷されるようになったため、該当なしになりました。
  • Element 12.0 以降で新しいノードを追加する前に、クラスタを Element 11.8 以降にアップグレードする必要があります。

RMA の交換

  • ノードをクラスタに追加したり Element 11.8 以降にアップグレードしたりしたあと、ノードのドライブをクラスタに追加する前に、更新されたファームウェアコンポーネントをアクティブ化するために「電源切断プロセス」の手順を追加する必要があります。
  • 詳細について NetApp H610S ストレージノードの電源のオフとオンの手順は、「 SU410 - NetApp H610S - Element Software 11.8 以降」を参照してください。このページでは、重要なコンポーネントファームウェアの更新や KB の記事 NetApp H610S ストレージノードの電源オフおよびオンの手順について説明しています。

新しいアドオンノードまたは拡張ノード

すべての新しいノードが Element 12.0 よりも高い値で出荷されるようになったため、該当なしになりました。

RMA の交換と新しいアドオンノードまたは拡張ノード

Element のアップグレードは必須ではありませんが、最新の dPatches と BMC FW パッケージをインストールすることを推奨します。

  • Sust-689
  • St-909
  • 3.84.07 BMC FW を適用します
  • リブートは手動で実行する必要があります

 

RMA の交換と新しいアドオンノードまたは拡張ノード

ノードをクラスタバージョンにダウングレードしたあとに、次の dPatches をインストールすることを推奨します。

  • SUST689 を申請する
  • SUST909 を適用します
  • リブートは手動で実行する必要があります

 

「Service and Support」 
アップグレードのサポートについて[1]は、ネットアップのサポートサイトにアクセスして、テクニカルサポートを受けたり、問題のトラブルシューティングやソフトウェアのダウンロードを行ったりしてください。 

サポートサイトのセルフサービスオプション 
  • ネットアップのサポートサイトにアクセスするためにオンラインで登録するに[2]は、 NetApp サポートアクセス登録にアクセスしてください。 
  • Customer Product Communiqui弾 配信リストの配信を停止[3]するには、 E メール配信登録ページにアクセスしてください。  
  • ソフトウェアサブスクリプションの確認、注文[4]、更新を行うには、ネットアップのサポートサイトのサービスとサポートページで My Service 契約と保証をクリックします。  

このコミュニケーションの目的は、ネットアップがインストールベースのエンドユーザに、新製品のリリースと利用可能終了に関する情報を通知することです。ここに記載されている情報と配布リストは、再配布の制限を受け、この電子メール配布リスト以外では共有できないネットアップの機密情報です。

追加情報

N/A