メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ストレージノードの 10G インターフェイスの ifconfig 出力でパケットドロップが検出されました

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • Element ソフトウェア
  • MTU を 1500 に設定した 10G インターフェイス

問題

10G インターフェイスの Rx でパケットドロップが検出されました。ストレージノード内およびスイッチポート内の 10G インターフェイスのイーサネットケーブルとトランシーバを交換した場合でも、 rx_crc_errors カウンタの値が増加します。

10G インターフェイスの ethtool コマンドの出力では、カウンタrbx_brb_discardと Rx_brb_truncate がカウンタと同じ数で値を増やしていました rx_crc_error

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support