メインコンテンツまでスキップ

ストレージノードの 10G インターフェイスの ifconfig 出力でパケットドロップが検出されました

Views:
51
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • Element ソフトウェア
  • MTU を 1500 に設定した 10G インターフェイス

問題

10G インターフェイスの Rx でパケットドロップが検出されました。ストレージノード内およびスイッチポート内の 10G インターフェイスのイーサネットケーブルとトランシーバを交換した場合でも、 rx_crc_errors カウンタの値が増加します。

10G インターフェイスの ethtool コマンドの出力では、カウンタrbx_brb_discardと Rx_brb_truncate がカウンタと同じ数で値を増やしていました rx_crc_error

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device