メインコンテンツまでスキップ

CIFS 監査が有効になっている場合、 NFS クライアントは Windows 形式のディレクトリをマウントまたはアクセスできません

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • 製品モデル: FAS3250
  • OS : Data ONTAP 8.1.4P2 7-Mode

問題

CIFS 監査が有効になっている場合、 NFS クライアントは Windows 形式のディレクトリをマウントまたはアクセスできません。

Linux クライアントで次のようなエラーが報告されることがあります。
touch: cannot touch `/mnt/xxxx': Permission denied

コントローラのログインで/etc/messages次のようなログが報告されます。
Wed Sep 9 22:42:57 CST [XXXX-cn:wafl.ntacl.uid.mapping.fail:error]: User Identifier (UID) (0) to Windows Security Identifier (SID) mapping failed. Access is denied to NFSvX operation (v3 create) from host (X.X.X.X) because CIFS auditing is enabled

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device