メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

AIQUM 9.7 以降または NSLM では、アダプティブ QoS をワークロード上で自動的に有効にできます

Views:
14
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.3 以降
  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM ) 9.7 以降
  • アダプティブ QoS ( AQoS )
  • NetApp Service Level Manager ( NSLM ) 1.2 以降
  • パフォーマンスサービスレベル( PSL )
  • ワークロードは NSLM または AIQUM から作成します

問題

  • AQoS ポリシーを明示的に手動で作成しなくても、ワークロードを AQoS によって調整できます。
  • このよう QoS Min にワークロードに予期しない AQoS ポリシーが適用されると、遅延センターで高レイテンシが発生する可能性があります。 

例:

 Cluster::> qos statistics volume latency show Workload ID Latency Network Cluster Data Disk QoS Max QoS Min NVRAM --------------- ------ ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ... vol1-wid21368 21368 879.73ms 283.00us 9.00us 498.00us 184.00us 0ms 877.99ms 216.00us vol2-wid19287 19287 736.25ms 401.00us 8.00us 734.00us 166.00us 0ms 734.91ms 199.00us 

注:

  • ONTAP 9.7へのアップグレード後の QoS の最小値により、この高レイテンシが新しい QoS floors-v2 の動作に関連している可能性があります。を参照してください。 
  • しかし、この KB では主に、 AIQUM / NSLM で発生した想定外の AQoS ポリシー設定が原因で発生した結果について説明します。 
Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support