メインコンテンツまでスキップ

VIF ( ifgrp )にエイリアスまたは代替 IP を追加できますか。

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 7
Data ONTAP 8 7-Mode

回答

:「 VIF 」という用語は 8.0.x 以降では減価償却されます。これは「 ifgrp 」に置き換えられました。 

次のコマンドを使用して、 vif または ifgrp にエイリアスを追加できます。

ifconfig vifname alias ip-address

RC ファイルを更新し、関連する vif ( ifgrp )の設定行のあとにエイリアス設定行を追加します。

例:

vif1: flags=948043<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,TCPCKSUM> mtu 1500
inet 192.168.100.126 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.100.255
ether 02:a0:98:06:c9:8e (Enabled virtual interface)
filer1>ifconfig vif1 alias 192.168.100.127
filer1> ifconfig vif1 alias 192.168.100.128
filer1> ifconfig -a
vif1: flags=948043<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,TCPCKSUM> mtu 1500
inet 192.168.100.126 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.100.255
inet 192.168.100.127 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.100.255
inet 192.168.100.128 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.100.255

IP サブネットの設定

目的のエイリアスが、元の vif ( ifgrp )の IP アドレス( a 、 b 、 c など)とは異なるクラスの IP アドレスの場合は、エイリアスが設定されている vif ( ifgrp )の元の IP アドレスのサブネットマスクが含まれていることを確認します。サブネットマスクが含まれていない場合、 vif ( ifgrp )はデフォルトルートを失ったかのように動作することがあります。

例:
ifconfig vif_LAN alias xxx.xxx.xxx.xxx netmask xxx.xxx.xxx.xxx

エイリアスを削除しています

エイリアスの追加後にルーティングの問題やエラーが発生した場合は、次の構文を使用して簡単に削除できます。
ifconfig vif_LAN -alias xxx.xxx.xxx.xxx

追加情報

Data ONTAP マニュアルページ: ifgrp

  のとう