メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

CSM.sessionFailed :警告エラー CSM_CONABORTED 。クラスタセッションマネージャ( CSM )セッションが CSM.sessionFailed で失敗しました

Views:
216
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • clustered ONTAP 8.3.1p1+
  • ONTAP 9

問題

ONTAP は、クラスタ内のノード間で情報を交換するために、クラスタセッションマネージャ( CSM )通信チャネルを使用します。

次の問題が発生します。

  • 接続に失敗しました
  • アプリケーショントリガー
  • 長い怠惰

アプリケーショントリガーや長時間アイドルセッションが原因で CSM セッションが失敗しても、システムにリスクはありません。
一方、接続に関連する障害は調査する必要があり、全体的に大きな問題となる可能性があります。

3 つのシナリオはすべてのシナリオと同じようcsm.sessionFailed:warningsに表示されるため、警告の根本原因を特定するために調査する必要があります。

 

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support