メインコンテンツまでスキップ

FAQ :プロビジョニングされたストレージの再割り当て

Views:
30
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP

回答

再割り当ては、ディスク上のデータのレイアウトを最適化することで、シーケンシャルリードのパフォーマンスを最適化します。ボリューム、 LUN 、個々のファイル、特別な場合はアグリゲートで動作します。reallocate プロセスは、コマンドラインインターフェイス( CLI )から reallocate コマンドを使用して開始、停止、停止、およびスケジュール設定できます。  reallocate を使用することで最もメリットが得られるワークロードは、ランダム書き込み後のシーケンシャルリードです。ただし、ワークロードの特性によっては、他のワークロードでも改善が見られる場合があります。


関連リンク:

ベストプラクティス

  • ターゲットボリュームに十分なスペースが必要です。  再割り当てプロセスを実行するには、ブロックの移動と再配置を可能にするために、ターゲットボリュームに少なくとも 10% の空きスペースが必要です(スナップリザーブを除く)。  
  • 使用する ONTAP バージョンに対応する「 allocate measure -o 」コマンドを実行して、再割り当てによって最適化結果が得られるかどうかを確認します。これにより、ターゲットボリュームへのデータアクセスに必要なメリットが得られます。 
  • reallocate は、 Snapshot に保持されているブロックでは動作しません。  スケジュールされた Snapshot は、 reallocate を実行する前に一時停止して、影響を受けるブロックがスナップ・リザーブに配置されないようにする必要があります。 これにより、スナップリザーブの使用率が割り当てを超え、アクティブなファイルシステムの使用を開始して、使用可能な空きスペースの量を減らし、操作の結果全体に影響を与える可能性があります。
  • 可能な限り多くの Snapshot を削除してから、再割り当てを実行して最適な結果を得ることができます。  
  • SnapMirror Snapshot と SnapVault Snapshot は、それぞれの関係が再初期化されないようにするために、そのままにしておく必要があります。 
  • SnapMirror ボリュームの場合は、ソース・ボリュームに対してのみ再割り当て処理を実行します。
  • ボリューム保証(シックプロビジョニング)を有効にする必要があります。  これにより、再割り当て処理でボリュームの割り当て済みスペースのオーバーサブスクリプションが発生するのを防ぐことができます。
  • 再割り当てプロセスの速度を上げるために、 WAFL スキャン速度の設定を変更しないでください。  これを行うと、システム全体のパフォーマンスに影響します。
  • ボリュームが動的な変更や拡張を引き起こすような処理を実行する傾向がある場合は、将来の再割り当て処理のスケジュールを設定することをお勧めします。 
  • 再割り当てはリソースを大量に消費する可能性があるため、ターゲットボリュームへの書き込み要求による不要な繰り返し処理を回避するために、可能であれば、使用率が低い時間にのみ処理を実行してください。  再割り当て中に同時書き込み要求が多すぎると、スペースの使用量が過剰になる可能性があります。

考えられる問題

  • スペースの問題が原因でボリューム全体の完全な再割り当てが失敗した場合は、可能であれば、ファイル単位で再割り当てを試行します。
  • 関連データは WORM ( Write Once Read Many )としてマークされ、保持期限に達するまで変更できないため、 SnapLock ボリュームでは再割り当てを実行できません。  

追加情報

ここにテキストを追加します。