メインコンテンツまでスキップ

Filesystem disk bad label - AutoSupport メッセージ

Views:
246
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
hw
Last Updated:

のしんだ

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • CallHome.dsk.label
  • CallHome.fdsk .label
    • raid.config.filesystem.disk.bad.label

イベント サマリ

  • このメッセージは、予期しないRAIDメタデータが原因でディスクドライブに障害が発生した場合に表示されます。
  • 通常は、初期化されていないドライブを別のONTAP OSで使用していたために追加したことが原因です。
  • ドライブが本当に故障しているわけではありません。ONTAP のバージョンが一致していないため bad label 、ディスクは障害状態と表示されます。
 [Node Name: config_thread: callhome.dsk.label:alert]: Call home for DISK BAD LABEL 

検証

イベント ログ

event log show -severity * -Message-name *bad.label*

Fri Apr 29 14:11:31 +0200 [Node Name: config_thread: raid.assim.disk.nolabels:EMERGENCY]: Disk 0d.23.17 Shelf 23 Bay 17 [NETAPP X357_S163A3T8ATE NA51] S/N [S394NA0J219221] UID [5002538A:072721E0:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000] has no valid labels. It will be taken out of service to prevent possible data loss.

Fri Apr 29 14:11:31 +0200 [Node Name: config_thread: raid.config.disk.bad.label:notice]: Disk 0d.23.17 Shelf 23 Bay 17 [NETAPP X357_S163A3T8ATE NA51] S/N [S394NA0J219221] UID [5002538A:072721E0:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000] has bad or missing data on label.

Command Line

storage disk show -broken

 ::>storagediskshow -broken Original Owner: node1 Checksum Compatibility: block Usable Physical Disk Outage Reason HA Shelf Bay Chan Pool Type RPM Size Size --------------- ------------- ------------ ---- ------ ----- ------ -------- -------- 1.1.0 bad label 0b 1 0 A Pool0 FCAL 10000 132.8GB 133.9GB 1.2.6 bad label 0b 2 6 A Pool1 FCAL 10000 132.8GB 134.2GB Original Owner: node2 Checksum Compatibility: block Usable Physical Disk Outage Reason HA Shelf Bay Chan Pool Type RPM Size Size --------------- ------------- ------------ ---- ------ ----- ------ -------- -------- 1.1.0 bad label 0a 1 0 B Pool0 FCAL 10000 132.8GB 133.9GB 1.1.13 bad label 0a 1 13 B Pool0 FCAL 10000 132.8GB 133.9GB 

解決策

以下のアクションプランでは、ディスクが新しいシステムに移行される重要なデータディスクではないことを前提としています。対象のディスクに本番環境のデータが格納されていないことを確認します。 
  1. ドライブの障害状態を解除します
  1. ドライブの障害状態を解除してスペアプールに戻します

::> priv set advanced
::*> storage disk unfail -s <disk_name>

  1. 必要に応じて上記の手順を繰り返して、残りのドライブの障害状態を解除します
  2. 最近 障害が発生していない ドライブがスペアプールに表示されているかどうかを確認します

::*> storage aggr status -s

  1. 次の手順では、ドライブの初期化を実行して不正なラベルを消去します

::*> storage disk zerospares -owner <nodename>

  • ディスクのゼロ化が完了すると、不正なラベルはクリアされます

追加情報

このAutoSupport メッセージの一般的な原因:

ドライブの完全消去がドライブに適用されています disk sanitize releaseコマンドを実行したあとに、ディスクが所有されていないか不良ラベルが報告されています
MetroCluster IP -「MetroCluster configuration - settings connection connect」を実行した直後に「Bad Label」が発生する 「MetroCluster configuration - settings connection connect」というメッセージが表示されたあとにディスクのラベルが正しくない

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device