メインコンテンツまでスキップ

FabricPool 非アクティブデータレポートの機能

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
cloud-tiering
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • ONTAP 9.6
  • FabricPool
  • IDR (非アクティブデータレポート)

回答

  1. ボリューム上で非アクティブなデータの量を表示するにはvolume show-fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent、パラメータを指定してコマンドを使用します
 cluster1::> volume show -fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent vserver volume performance-tier-inactive-user-data performance-tier-inactive-user-data-percent ------- ------ ----------------------------------- ------------------------------------------- vsim1 vol0 0B 0% vs1 vs1rv1 0B 0% vs1 vv1 10.34MB 0% vs1 vv2 10.38MB 0% 4 entries were displayed. 
  • performance-tier-inactive-user-dataこのフィールドには、アグリゲートに格納されているユーザデータが非アクティブになっている量が表示されます
  • performance-tier-inactive-user-data-percentこのフィールドには、アクティブなファイルシステムと Snapshot コピーで非アクティブなデータの割合が表示されます
  1. 多くのデータを表示するにはvolume show-footprint、コマンドを実行して、ボリュームごとの FabricPool のパフォーマンス階層とクラウド階層に格納します

 cluster1::> volume show-footprint Vserver : vs1 Volume : rootvol Feature Used Used% -------------------------------- ---------- ----- Volume Footprint KB % Volume Guarantee MB % Flexible Volume Metadata KB % Delayed Frees KB % Total Footprint MB %