メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP 8.1x 以降のネットブート方法

Views:
105
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • コア
  • clustered Data ONTAP 8.3
  • トラブルシューティング
  • セットアップ設定
  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8.1
  • KCS 認定外

説明

この資料では、 Data ONTAP 8.1.x 以降のブートデバイスに新しいブート可能イメージをインストールする手順について説明します。

警告:この記事は、 clustered Data ONTAP のネットブートに使用されます。この手順は、 Data ONTAP 7G または Data ONTAP 7-Mode のネットブートには使用しません。具体的には、ステップ 3 の etenv bootarg.init.boot_clustered true の env 設定は、 Data ONTAP 7-Mode システムでは実行しないでください。

Data ONTAP 8.x では、ネットブート手順を使用して、リモート Web サーバ上の Data ONTAP のバージョンをブートします。ネットブート手順を実行すると、コントローラは Data ONTAP のブートメニューから起動できます。Data ONTAP のブートメニューから、インストール手順を使用して、新しいソフトウェアをブートデバイス( CF カード)にインストールできます。その後、通常の起動を続行するには、ルートボリュームから起動デバイスに情報を復元する必要があります。

ブートデバイスの情報が復元されると、ブートデバイスにインストールされている新しい Data ONTAP イメージを使用して、通常のブートが実行されます。

注意:この手順は、 HA ペアのシステムで使用している場合でも中断が発生します。これは、手順中に即時のギブバックと再テイクオーバーが発生するためです。

: Data ONTAP 8.2.x のバージョンをインストールする場合は、通常のブート後にノードをリブートして(テイクオーバーの有無にかかわらず)、ネットブートとインストールのプロセスが完了していることを確認してください。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device