メインコンテンツまでスキップ

CLI から WAFLTOP 出力を収集する方法

Views:
109
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8 7-Mode 
  • clustered Data ONTAP 8.3 
  • ONTAP 9.0 以降

説明

  • wafltop WAFL のパフォーマンスに関する低レベルのデータをボリューム単位で収集するために使用します。
  • この値は、 7-Mode ( qos statistics の代わりに)を使用している場合や qos statistics 、 CPU またはディスク利用率のレイテンシのソースを特定できない場合に使用します。解決ガイド: ONTAP データ処理のレイテンシONTAP のディスクからレイテンシに対処する方法
  • 次のリソースの使用状況を追跡します。
    • CPU
    • ディスクI/O
    • メモリ
    • NvLog の使用率
  • ボリューム名の形式は aggregate:volume:protocol:message 、「 In the out :
    • aggregate は、ボリュームが配置されているアグリゲートの名前です。
    • volume は、 FlexVol の名前です。
    • protocol フロントエンド CIFS 、 FCP 、 iSCSI 、 NFS spinvfs, dense, walloc, zombie,other、またはバックエンドプロトコルのことで、やなどが使用されます。
    • message は WAFL の内部メッセージですが、ネットアップの担当者のみが使用することを目的としています
      • 次のようないくつかの情報が表示されることがあります。
        • backdoor 他の処理タイプでは分類されず、バックグラウンドのいくつかの内部 WAFL 処理を表します
          • 例: FlexClone をスプリットしています
        • file_io ディスクに渡すものとディスクから渡すものを指します
    • ボリュームにフロントエンドプロトコルが設定されている場合は、ユーザワークロードが参照されます。
用語
  • CPU 利用率 - Kahuna 、 wafl_exempt、 Xcleaner の各ドメインで収集されます。CPU 使用率とは、使用されている CPU サイクルの割合を指します。
  • レイテンシのヒストグラム:システム(内部)とクライアントのレイテンシ。
  • ディスク I/O 処理:ディスクからの読み取りと書き込みを MB 単位で、 RAID メッセージで行います。
  • NVLog 利用率 - 通常 の整合ポイント( CP バックツーバック整合ポイントが書き込みパフォーマンスに影響します)とバックツーバック CP ( B2B CP )の NVLog 利用率。NvLog の使用率は、 CP ごとに使用されるログの平均パーセンテージで表示されます。
  • Memory utilization (Debug Only) :使用されている MB についてバッファキャッシュと inode キャッシュの使用量を表示します
    • :パフォーマンスのトラブルシューティングには使用しませんが、ネットアップのエンジニアリング部門のみが使用します。
  • I/O 使用率: I/O 使用率は、読み取りまたは書き込みされたデータの量を MB/ 秒で表します。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support