メインコンテンツまでスキップ

NetApp NFS エクスポートで all_squash を設定する方法

Views:
518
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode 
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode 
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

説明

この記事では、 NetApp NFS エクスポートで all_squash と同等の機能を設定する方法について説明します。

all_squashユーザがネットワークファイルシステム( NFS )エクスポートでこのオプションを使用することを好む場合があります。Linux NFS サーバ( Data ONTAP でall_squashはない)では、このオプションを使用すると、サーバは受信 NFS ユーザ ID / グループ ID ( UID/GID )を無視し、代わりにサーバをエクスポートに設定できます。all_squashこのオプションを使用すると、特定のエクスポートのすべてのクライアントは、同じユーザとして読み取りと書き込みを強制されます。

all_squashこのオプションは、ストレージシステムでは使用されません。sec=noneただし、オプションとanon=(uid)オプションは使用できます。詳細についてONTAP 7 モードおよび clustered Data ONTAP で no_root_squash を設定する方法は、次の KB を参照してください。「 How to configure no_root_squash on ONTAP 7 mode and clustered Data ONTAP 」

[1]
詳細については、『 TR-4067 NFS Best Practice and Implementation Guide 』(セクション: 4.8 :すべての UID を単一の UID にマッピング( squash _all ))を参照してください。 clustered Data ONTAP でこれを実行する方法: clustered Data ONTAP で all_squash と同等の機能を有効にする方法については、を参照してください

TSAP では、 2 台の Linux マシンを使用して再現できるすべての新しい NFS クライアント(ストレージシステムではない)に問題があると説明しています。sec=none2 つ-o sec=noneの Debian ボックスがエクスポートのコマンドとマウントのコマンドで使用され、失敗しました。

sec=noneanon=(uid)NFSv3 を使用したコマンドをストレージシステムで使用すると失敗し、次のメッセージがコンソールに記録されます。

Client <IP>, is send the NULL reply

マウントしようとすると、クライアントは次のようなエラー出力を返します。

1032305-1.png

 マウントしようとすると、ストレージシステムから次のようなエラー出力が返されます。

1032305-2.png

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device