メインコンテンツまでスキップ

7-Mode で動作する Data ONTAP 8.2.3 で SMB 2.1 機能を制御する方法

Views:
107
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • Data ONTAP 8.2.3 7-Mode
  • Data ONTAP 8.2.4 7-Mode
  • Data ONTAP 8.2.5 7-Mode

説明

Data ONTAP 7-Mode でサポートされている SMB ( Server Message Block ) 2.1 プロトコルのリース機能では、いくつかの重要な問題が発見されました。これらの問題は、 CIFS サービスの可用性が妨げられる可能性がありました。このため、特定のリリースで SMB 2.1 を無効にして、これらの問題に一時的に対処することを推奨します。

既知の問題は修正されており、このドキュメントでは、 SMB 2.1 を有効にする新しい永続的な方法と、 Data ONTAP 8.2.3 のリース機能、およびそれ以降のパッチについて説明します。setflag/etc/rc既存の方法でファイルを変更して永続的に使用することも可能です。

  • すべての既知の停止リース問題のほかに、 SMB 2.1 プロトコルの潜在的な中断、パフォーマンスの低下、サポート性、およびテストの安定性に関連する、内部で検出されたその他の問題が修正されています。
  • この修正は、 Data ONTAP バージョン 8.2.3 のすべてのリリースとそれ以降のパッチで利用できます。
  • SMB 2.1 の機能はデフォルトの動作モードでは無効のままです。この資料では、以下のソリューションセクションで、 SMB 2.1 の機能を「有効」状態に設定する方法について説明します。

SMB 2.1 の改善の一環として行われた重要な修正の一部を次に示します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device