メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Linux でアライメントされたパーティションを作成し、 NetApp LUN 、 VMDK 、 VHD 、およびその他の仮想ディスクコンテナで使用する方法

Views:
37
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

説明

ベストプラクティスとして、 NetApp LUN は常に単一のプライマリパーティションでパーティショニングする必要があります。パーティションは 2 つの目的に使用されます。LUN または仮想ディスクのラベルとして機能し、オペレーティングシステムが LUN または仮想ディスクの内容を識別できるようにします。パーティションは、ホストのファイルシステムを LUN または仮想ディスクにアライメントするためにも使用されます。読み取り / 書き込み I/O の最適なパフォーマンスを実現するには、ホストファイルシステムを調整する必要があります。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support