メインコンテンツまでスキップ

クライアント、ネットワーク、または ONTAP の同時実行数の計算に関する問題の特定方法

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 ( clustered Data ONTAP および 7-Mode )

説明

  • ホストに対する読み取りや書き込みが遅い場合 λ は、リトルの法則: N (同時実行数) = (処理数) * W (待機時間(秒))を適用して、ボリュームの同時実行を決定できます。
  • これは、 ONTAP が十分なワークロードを取得しているか、ネットワークまたはホストに数学的に遅延が存在しているかを簡単に測定できるため便利です。

: W は待機時間が短いのに、 ONTAP は平均応答時間を使用します。これはクライアントの待機時間とは少し異なります。概念は実際には同じです。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support