メインコンテンツまでスキップ

動的ホームディレクトリを使用してパフォーマンスを向上させる方法

Views:
243
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
Perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 7-Mode
  • CIFS ホームディレクトリ
  • ユーザープロファイルは、 VDI ( Hyper-V )で使用することも、フォルダリダイレクトを使用して Citrix ホームプロファイルで使用することもできます。

回答

  1. 例を"\\filer\home\user18456"とします。通常のFlexVol またはFlexGroup セットアップでは、このシーケンスはすべてのWindowsクライアントで次のようになります。
    1. プロトコル要求と応答をネゴシエートします。
    2. セッション設定要求と応答。
    3. ツリー接続\\filer\homeおよび応答
    4. リクエストを作成してを閉じます。
    5. パターンが*のuser18456に対して「\\filer\home」が見つかりました。
    6. 最後に、ユーザ18456のクローズコールとcreateコールを実行します。
      pngoes.png のようなもの
  2. 上記の「パターン:*」で「要求の検索」を実行すると、18456個のエントリがすべて返されます。ONTAP は、各エントリを1つずつ処理し、関連するデータをすべてWindowsクライアントに送信する必要があります。
  3. 動的ホームディレクトリを使用すると、この処理が簡単になり、ONTAP は1人のユーザのフォルダのみを返します。ONTAP では、18、456個のすべてのフォルダを検索する必要がありますが、検索は単純で、フォルダの内容全体を読み込んでWindowsに送信することはありません。これは、一般的なホームディレクトリと比較してCPUの負荷が少ないため、Dynamic Home Directoriesを使用することでパフォーマンスが向上します。
    4 番目の値を指定してください

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.