メインコンテンツまでスキップ

QoS 統計情報の出力からフルボリューム名を識別する方法

に適用されます

ONTAP 8.3
ONTAP 9 以降

説明

この KB は、パフォーマンスの問題のトラブルシューティングや監視を行う際に、パフォーマンスの TSe またはお客様がボリューム名を確認できるようにします。

  • QoS 統計ボリュームレイテンシ / パフォーマンス / ワークロード show コマンドは、ボリューム / ワークロードのパフォーマンスを確認するために使用します。
  • ただし、文字の制限により、フルボリューム / ワークロード名は表示されません。

このよう-showallfieldsなシナリオでは、コマンドを実行してフルボリューム名を表示します。

  • 1 つは、レイテンシ / スループットが高いボリューム ID を特定し、 volume.xml セクションの ASUP からボリューム / ワークロード ID を検索して、ボリューム ID に基づいてフルボリューム名を識別する方法です。
  • しかし、銀行やその他のセキュリティ保護されたお客様がビジネス要件のために ASUP を無効にしている場合があるため、すべての問題が ASUP で解決されるわけではありません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support