メインコンテンツまでスキップ

Flex グループの優先順位が低い構成要素をプロモートする方法

Views:
32
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

AFF 

説明

  • Flex グループの構成要素の優先順位が解除され、ボリュームレベルのバックグラウンド重複排除に再参加するように Flex グループをプロモートすると、次のエラーがスローされます。

AFF-01::*> volume efficiency promote -vserver <vserver name> -volume <flex group name>
Error: command failed: FlexGroup volume "<vol name>" in Vserver "<vserver name>" is not supported for promotion. Retry the command on constituent(s) of the FlexGroup, if required.

  • Flex グループのボリュームまたは構成要素は、効率化ポリシーをauto使用している間に優先順位が解除され、次の要件を満たしていない場合は、
  1.  ボリュームの公称サイズの 20% を超えてスキャンした後でも、ボリュームの節約率が 15% 以上にならない場合。
  2.  頻繁な上書きは行われません。
  • 構成要素の状態を確認するコマンドを次に示します。

AFF-01::> volume efficiency show -vserver <vserver name > -path /vol/<constituent>

Path:                 /vol/<constituent>
State:                Enabled
Auto state:              Deprioritized
Compression:             Disabled
Inline Compression:         Disabled
Incompressible Data Detection:    Disabled

  • 優先順位が解除されたボリュームまたは構成要素は、自動ポリシーに参加しなくなります。優先順位が解除されたボリュームの変更ログは無効になり、これらのボリュームのメタデータは切り捨てられます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?