メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Flex グループの優先順位が低い構成要素をプロモートする方法

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

AFF 

説明

  • Flex グループの構成要素の優先順位が解除され、ボリュームレベルのバックグラウンド重複排除に再参加するように Flex グループをプロモートすると、次のエラーがスローされます。

AFF-01::*> volume efficiency promote -vserver <vserver name> -volume <flex group name>
Error: command failed: FlexGroup volume "<vol name>" in Vserver "<vserver name>" is not supported for promotion. Retry the command on constituent(s) of the FlexGroup, if required.

  • Flex グループのボリュームまたは構成要素は、効率化ポリシーをauto使用している間に優先順位が解除され、次の要件を満たしていない場合は、
  1.  ボリュームの公称サイズの 20% を超えてスキャンした後でも、ボリュームの節約率が 15% 以上にならない場合。
  2.  頻繁な上書きは行われません。
  • 構成要素の状態を確認するコマンドを次に示します。

AFF-01::> volume efficiency show -vserver <vserver name > -path /vol/<constituent>

Path:                 /vol/<constituent>
State:                Enabled
Auto state:              Deprioritized
Compression:             Disabled
Inline Compression:         Disabled
Incompressible Data Detection:    Disabled

  • 優先順位が解除されたボリュームまたは構成要素は、自動ポリシーに参加しなくなります。優先順位が解除されたボリュームの変更ログは無効になり、これらのボリュームのメタデータは切り捨てられます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support