メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

clustered Data ONTAP で外部アグリゲート(孤立ディスクで構成されるアグリゲート)を削除またはアクセスする方法

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8 3 以降
  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8

説明



クラスタ化された Data ONTAP のシステムに影響がある場合は、 Active IQ を確認し、別のクラスタ(または 7 モードシステム)からノードにシェルフを追加します。 そのシェルフ上のアグリゲートには外部ディスクとしてフラグが付けられ、そのアグリゲートに属するドライブには孤立ディスクとしてフラグが付けられます。この問題は、障害が発生したディスクを交換した後にも発生する可能性があります。

たとえば、アグリゲートはaggr status次のようにコマンドの下に表示されます。
aggr0(1) failed

これは、ディスクが初期化されておらず(ラベルが含まれている)、以前のシステムからのアグリゲート情報が保持されているために発生します。

これらの「外部」アグリゲートは、ノードシェルを使用している場合にのみ表示されます。シェルフが移行された clustered Data ONTAP システム上のこれらのアグリゲート内の外部ボリュームへのアクセスはサポートされていません。ただし、外部アグリゲートを削除して、関連するドライブをゼロ化されていないスペアに変換することは * サポートされています。

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support