メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SDDL ファイルを使用して NTFS またはストレージレベルのアクセスガードセキュリティを設定する方法および FSecurity は、 Data ONTAP 7-Mode に適用されます

Views:
50
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP 7-Mode

説明

セキュリティ記述子定義言語( SDDL )は、 NTFS ボリュームまたはストレージレベルのアクセス保護の権限を定義するために使用されるファイルです。

( slag ) UNIX 形式または NTFS 形式のボリュームの権限。[1]NetApp SecEdit ツールを使用して SDDL ファイルを作成することも、任意のテキストエディタを使用して手動で作成することもできます。 

 

Scan to view the article on your device