メインコンテンツまでスキップ

NetApp ストレージコントローラでの Widelink のセットアップ方法とトラブルシューティング方法

Views:
421
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

回答

  • ボリュームから qtree へのシンボリックリンクを同じ Filer 上に作成しています。
  • ボリュームからボリュームへのシンボリックリンクを別の Filer に作成しています。
  • ワイドリンクの設定に問題があります。

シンボリック リンクとは、NFSクライアントによって作成された特殊なファイルで、別のファイルまたはディレクトリを参照するリンクです。Widelink エントリは、 Filer 上の絶対シンボリック・リンクをリダイレクトする方法です。シンボリック・リンクのデスティネーションを、同じ Filer 上または別の Filer 上の共有にすることができます。次の例は、同じ Filer 上のボリュームから qtree へのシンボリックリンクを作成する方法、および異なる Filer 上のボリュームからボリュームへのシンボリックリンクを作成する方法を示しています。 
 
ボリュームから qtree へのシンボリックリンクを同じ Filer 上に作成しています 

  1. シンボリックリンク( /vol/vol/source )とターゲットファイル( /vol/volwidelink/temp_restore )を格納する qtree を含むボリュームを作成します。
    filer1> vol create source <hosting-aggr-name><size>[k|m|g|t]
    filer1> qtree create /vol/widelink/temp_restore
    filer1> qtree status
    Volume   Tree     Style Oplocks  Status
    -------- -------- ----- -------- ---------
    vol0              unix  enabled  normal
    widelink          unix  enabled  normal
    widelink temp_restore unix  enabled  normal
    source            unix  enabled  normal

     
  2. CIFS クライアントの qtree を共有し、シンボリックリンクを含む共有内のワイドリンクのサポートを有効にします。
    filer1> cifs shares -add temp_restore /vol/widelink/temp_restore
    The share name 'temp_restore' will not be accessible by some MS-DOS workstations
    Are you sure you want to use this share name? [n]:y

    filer1> cifs shares -add source /vol/source -widelink

    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/widelink/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source
                 ... widelinks supported
                            everyone / Full Control

    Note: Enable widelink support on the CIFS share hosting the symlink.

     
  3. シンボリックリンクを作成します。UNIX クライアントを使用してターゲットファイルを作成し、そのファイルを指すシンボリックリンクを作成します。
    1. ディレクトリをマウントします
      Unix> mount filer1:/vol/widelink /filer1/widelink
      Unix> mount filer1:/vol/source /filer1/source

       
    2. 次に、デスティネーション( temp_restore qtree )にデータをいくつか配置します。
      Unix> cp /etc/init.d/apache /filer1/widelink/temp_restore/
       
    3. ターゲットでデータが使用可能であることを確認します。
      Unix> ls -l /filer1/widelink/temp_restore/
      total 8
      -rwxr-xr-x   1 root     other        687 Oct 21 22:15 apache

       
    4. ディレクトリへのシンボリックリンクを作成/filer1/sourceします to the directory /filer1/widelink/temp_restore...
      Note: The syntax is: ln -s <TARGET><LINK_NAME>
      Unix> ln -s /filer1/widelink/temp_restore/ /filer1/source/symlink

       
    5. シンボリックリンクが存在することを確認します。
      Unix> pwd
      /filer1/source
      Unix> ls -l
      total 0
      lrwxrwxrwx 1 root other 29 Oct 21 22:18 symlink -> /filer1/widelink/temp_restore

       
    6. シンボリックリンクが存在する場合は、そのシンボリックリンクが機能することを確認してください。
      Unix> pwd
      /filer1/source
      Unix> cd symlink/
      Unix> ls -la
      total 24
      drwxrwxrwx   2 root     root        4096 Oct 21 22:17 .
      drwxr-xr-x   6 root     root        4096 Oct 21 22:10 ..
      -rwxr-xr-x   1 root     other        687 Oct 21 22:15 apache
      Unix>


      上記の出力は/filer1/source、そのディレクトリを指すリンク ( シンボリックリンク ) があることを示しています /filer1/widelink/temp_restore
       
  1. symlink.translations を編集します。
    1. /vol/vol0/etc/vi または wrfile を使用して、 Filer のフォルダに symlink.translations を作成します。
      # vi /filer1/vol0/etc/symlink.translations
      widelink /filer1/widelink/temp_restore/* \\<IP_ADDRESS_OR_HOST_NAME>\temp_restore\*


      上記の例では、<IP_ADDRESS_OR_HOST_NAME>「」はデスティネーション共有をホストする CIFS サーバの IP アドレスまたはホスト名になります。

      アスタリスク( * )を使用することは重要です。  オフのままにすると、次のようなメッセージが表示されます。
      filer1> Thu Oct 21 22:36:13 PDT [cifs.symlinkTrans.badEntry:error]: CIFS: invalid entry in symbolic link mapping file /etc/symlink.translations at line 1: Switching to unoptimized lookup.
       
    2. Windows でソースをドライブにマッピングします。
      注:これでボリューム間の移動が可能になりました。/vol/source/vol/widelinksしがの下にある qtree であれば、同じように動作します。 

ボリュームからボリュームへのシンボリックリンクを別の Filer に作成

するこの例のソース・ディレクトリはまだです/filer1/source。デスティネーションがオンfiler2:/vol/destinationになります。 

  1. 最初に qtree とボリューム
    を作成し、次に示すようにデスティネーションディレクトリを作成します。
    filer2> vol create destination <hosting-aggr-name><size>[k|m|g|t] 
  2. 共有とエクスポートを作成します 
    1. CIFS 共有を作成します。
      filer2> cifs shares -add destination /vol/destination
      The share name 'destination' will not be accesible by some MS-DOS workstations
      Are you sure you want to use this share name? [n]:y
      filer2>
    2. 次のように、デスティネーションディレクトリが存在することを確認します。 
      filer2> cifs shares
      Name         Mount Point                       Description
      ----         -----------                       -----------
      ETC$         /etc                              Remote Administration
                              BUILTINAdministrators / Full Control
      HOME         /vol/vol0/home                    Default Share
                              everyone / Full Control
      C$           /                                 Remote Administration
                              BUILTINAdministrators / Full Control
      test         /vol/vol0/test
                              everyone / Full Control
      destination  /vol/destination
                              everyone / Full Control
      filer2>
    3. シンボリックリンクを作成できるように、エクスポートファイルに追加します。
      filer2> exportfs -io root=10.41.16.181 /vol/destination
      filer2> exportfs
      /vol/destination    -root=puerco.hq.netapp.com
      /vol/vol0
      /vol/vol0/home
      filer2>
    4. デスティネーションディレクトリをマウントします。
      Unix> mount :/vol/destination /t/114
      ファイルをコピーして、次の場所にあることを確認します。
      Unix> cp /etc/init.d/network /t/114/
      Unix> ls -l /t/114
      total 48
      -rwxr--r--  1 root  other  20593 Oct 22 14:58 network
      Unix>
    5. /t/114ディレクトリを指す新しいシンボリックリンクを作成します
      Unix> ln -s /t/114 /filer1/source/symlink2
      Unix>
    6. 動作を確認します。
      Unix> cd /filer1/source
      Unix> ls -l
      total 0
      lrwxrwxrwx 1 root other 29 Oct 21 22:33 symlink -> /filer1/widelink/temp_restore
      lrwxrwxrwx 1 root other 6 Oct 22 15:00 symlink2 -> /t/114
      Unix> cd symlink2
      Unix> ls -l
      total 48
      -rwxr--r-- 1 root other 20593 Oct 22 14:58 network
      Unix> 
  3. symlink.translations を編集します。

    /etc/symlink.translationsこの新しい Widelink のを編集します。 
    注意:同じ Filer 上のボリュームから qtree へのシンボリックリンク用に作成された以前のファイルを削除する必要はありません。
    widelink /filer1/widelink/temp_restore/* \\<filer1_IP_address>\temp_restore*
    widelink /t/114/* \\<filer2_IP_address>\destination*
 

Widelink のトラブルシューティング: :

Widelink 障害は、次の 2 つのカテゴリに分類されます

  1. 構成の誤り
  2. Widelink の送信先にアクセスできません


正しくない設定
次の手順を実行して、ワイドリンクの設定を確認する必要があります。

  1. ソース Filer から CIFS 共有の出力を収集し、共有パスでワイドリンクが有効になっていることを確認します。
    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/vol1/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source
                            everyone / Full Control


    共有に対して「ワイドリンクがサポートされている」と表示されない場合は、 次のコマンドを使用して追加します
    filer1> cifs shares -change source /vol/source -widelink

    。出力は次のようになります。
    filer1> cifs shares
    Name         Mount Point               Description
    ----         -----------               -----------
    HOME         /vol/vol0/home
                            everyone / Full Control
    ETC$         /vol/vol0/etc                     Remote Administration
                            everyone / Full Control
    C$           /vol/vol0                         Remote Administration
                            everyone / Full Control
    temp_restore /vol/vol1/temp_restore
                            everyone / Full Control
    source       /vol/source

                 ... widelinks supported
                            everyone / Full Control
  2. ls -alWWidelink パスのを収集し
    Unix> ls -al
    total 1
    drwxr-x---  14 root root   4096 Aug 12 19:04 .
    drwxrwxrwx  33 root root   4096 Mar 30 13:08 ..
    lrwxrwxrwx  1 root root      9 Aug 12 19:04 mylink -> /my_cifs_link/


    ます。この設定に基づいて、 Windows の動作時に「 mYLink 」というフォルダが表示されることに注意してください。  /my_cifs_link/ Windows では symlinks/widelink が認識されないため、パスは動作する必要はありません。/my_cifs_link/唯一のタイミングは、エンドユーザが UNIX を使用してシンボリックリンクを介してデータにアクセスする場合です。 /my_cifs_link/したがって、 100% Windows 環境では、値には任意の値を指定できます。
  3. ソース Filer から /etc/symlink.translations の出力を収集し
    Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    widelink /filer1/my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*


    ます。上記の例の Widelink パスは無効であるため、次のように変更する必要があります。
    widelink /my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*
  4. Widelink の実装では DFS が使用されるため、シンボリックリンクまたは symlink.translations ファイルが変更されてもすぐに機能しない場合があります。デフォルトでは、 DFS 紹介のタイムアウト値は 10 分です。キャッシュを手動でクリアするには、 Microsoft サポートツールの一部である DFSutil をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、次のpktflushコマンドを実行して DFS キャッシュをフラッシュしpurgemupcacheます。 :

    C:\Windows\system32> dfsutil /pktflush
    DfsUtil command completed successfully.


    C:\Windows\system32> dfsutil /purgemupcache
    DfsUtil command completed successfully.


設定
の確認後に Widelink の宛先にアクセスできない場合、 Widelink の障害のトラブルシューティングの次の手順は、次の手順に従って Widelink の宛先アクセスを確認することです。

  1. symlink.translationsファイルを収集します
    Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    widelink /my_cifs_link/* \\10.61.84.180\vol1*


    。この出力の重要なフィールドは「 \\10.61.84.180\vol1* 」です。
  2. Widelink をトラバースでき

    ないクライアントから、 Start > Run > \\10.61.84.180 の順に選択します。これにより、実際にストレージコントローラにアクセスし、認証に成功することが確認されます。
  3. 手順 2 が正常に完了した場合は、共有に移動するようにユーザに伝えます。この手順が失敗した場合は、「 How to Troubleshoot Microsoft Client Permission problems on a NetApp Filer 」を参照してください。

    リモートロケーションへの設定と接続を確認した後もワイドリンクの移動が失敗する場合は、サポートケースを開いて次のデータを提供してください。
    • AutoSupport をトリガーします
      Filer1*>  options autosupport.doit now
    • CIFS 共有の収集の出力
      Filer1*> cifs shares
    • symlink.translations の出力を収集します
      Filer1*> rdfile /etc/symlink.translations
    • シンボリックリンクの LS-AL 出力を収集します
      Unix> ls -al

 

追加情報

AdditionalInformation_Text :

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device