メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

ネットアップストレージコントローラでのSMB署名のトラブルシューティング方法

Views:
117
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • clustered Data ONTAP 8.2    
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode    
  • ONTAP 9 

説明

SMB署名は、クライアントとサーバの間で転送されるパケットにデジタル署名を追加する、CIFSの機能です。この機能により、レシーバはパケットの送信元と信頼性を確認できます。クライアントとサーバがSMB署名の必要性または要件を適切にネゴシエートしないと、CIFS共有への接続に失敗する可能性があります。
SMB署名と使用例の詳細については、次の記事を参照してください。

この記事では、Data ONTAP 7-Modeとclustered Data ONTAP の両方について説明します。実行しているData ONTAP のバージョンについては、この記事の該当するセクションを参照してください。SMB署名のトラブルシューティングのために、パケットトレースのキャプチャが必要になる場合があります。この記事の最後には、パケットトレースを確認して、SMB署名が初期共有接続で問題 を引き起こしているかどうかを確認する方法についての手順を説明します。

 

 

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device