メインコンテンツまでスキップ

CIFS共有に関する低速参照のトラブルシューティング方法

Views:
527
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

のとう

のとう

環境

説明

用語の意味

 

まず、次の事項を前提とします。

  • このコンテキストの「参照」とは、管理コマンドプロンプトに移動し、ディレクトリに対してdirを実行することを意味します。 

  • 「 slow 」とは、ディレクトリの一覧表示に表示される遅延のことです。この時点からさらにトラブルシューティングを行うには、このレイテンシのカウンタが必要です。例::500のフォルダとファイルのディレクトリを表示するには1秒かかります)。

  • この場合の「クライアント」とは、Windowsクライアント8以降またはWindows Server 2008 R2以降を指します。または、どのクライアントに問題がなく、どのクライアントが問題であるかを確認します。(例:Windows 10ではディレクトリのリストが通常の遅延を示していますが、Windows Server 2012 R2では表示されません)。

 

次の項目もマークする必要があります。

  • 問題が複数のクライアントで発生している場合は、 1 つのクライアント(例:クライアント A )を選択し、次の点に注意してください。

    • Windowsクライアントのバージョン

    • WindowsクライアントのIPアドレス

    • Windowsクライアントにログインしている現在のユーザ

 

上記のように定義されていれば、この時点からトラブルシューティングを続行できます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.