メインコンテンツまでスキップ

ネットアップストレージコントローラでのSMB署名のトラブルシューティング方法

Views:
316
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode    
  • ONTAP 9 

説明

SMB署名は、クライアントとサーバ間で転送されるパケットにデジタル署名を追加するCIFSの機能です。この機能により、受信者はパケットの送信元と信頼性を確認できます。クライアントとサーバがSMB署名の必要性または要件を適切にネゴシエートできないと、CIFS共有への接続に失敗することがあります。
SMB署名の詳細とユースケースについては、次の記事を参照してください。

この記事では、Data ONTAP 7-Modeとclustered Data ONTAPの両方について説明します。実行中のData ONTAPのバージョンについては、この資料の該当するセクションを参照してください。SMB署名のトラブルシューティングを行うために、パケットトレースのキャプチャが必要になる場合があります。この記事の最後に、パケットトレースを確認して、SMB署名が初期共有接続で問題の原因になっているかどうかを確認する方法について説明します。

 

 

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.