メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP 8 7-Mode 上の Vscan サーバによる PBLK の枯渇のトラブルシューティング方法

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7

概要

  • 外部 Vscan サーバの応答時間は、ストレージ・コントローラがクライアント要求に応答する機能に直接影響します。
  • Data ONTAP 7 および Data ONTAP 8-7 モードでは、 vscan サーバはストレージコントローラの外部にあります。
  • pBlks の使用率は、クライアントからの要求が pBlk の使用率を示すために増加します。
  • Vscan サーバアカウントからの(ファイルを開くことで)ファイルのスキャンを行い、 pBlk をさらに使用しています。
  • Vscan サーバがファイルスキャンを迅速に完了できる場合は、 Data ONTAP が元のクライアント要求に応答して、 pBlk を短時間で解放できます。

pBlk 枯渇と外部 Vscan サーバの 4 つの側面を考慮してください。

  • Vscan サーバの数
    • ストレージコントローラは、 1 つの Vscan サーバに一度に最大 50 のスキャン要求を送信できます。
      ( MultiStore を使用する場合は、 1 台のサーバに 100 件の要求を送信できます。 vFiler ごとに 50 個)
    • 100 個の要求が同時に送信された場合、 1 つの Vscan サーバが最初の 50 個の要求を処理しないと、 2 番目の 50 個の要求を開始できません。
    • このシナリオでは、ストレージコントローラが最初の 50 ブロックの一部を待機してから 50 の 2 番目のブロックに保留された要求を送信する必要があるため、最大 gOffloadQueue 深度は 50 になります。
    • この例では、 PBK の不足が発生していない可能性がありますが、この問題は、ストレージコントローラにクライアントが追加されて AV インフラのパフォーマンスを最適化する必要がある場合に強調表示されています。
  • Vscan サーバの速度:
    • 外部 Vscan サーバの速度が重要で[1][2]あるため、仮想マシンとしてではなく専用のハードウェア上で Vscan サーバを実行することを推奨します( Data ONTAP 7.x 環境の Vscan の最新情報については、 TR-3107 :『ウィルススキャンベストプラクティスガイド』を参照してください)。
    • 外部 Vscan サーバのパフォーマンスが低下した場合は、ストレージコントローラの Vscan 要求への応答に時間がかかり、結果として pBlks が長期間保持されます。
    • Vscan サーバの速度が低下し、クライアントが短時間で要求を送信すると、 pBlk の不足が発生する可能性があります
  • Vscan サーバの設定:
    • Vscan ベンダーがアプリケーション用に調整可能なオプションを制御しています。
    • まず、 Vscan サーバのベンダーが提供するインストールおよび設定ガイドを参照して、 Vscan 製品のベストプラクティスを確実に満たしていることを確認してください。
    • ベンダーのベストプラクティスに適合しない構成では、パフォーマンスが低下し、ストレージコントローラが PBK の枯渇リスクにさらされる可能性があります。 
  • Vscan オプションタイムアウト:
    • Vscan インフラは適切にサイジングされているほか、 Data ONTAP ではウィルススキャンの完了までに待機する時間を制御するオプションも用意されています。
    • これらの値は、 Vscan ベンダーの仕様に設定し、ベストプラクティスに基づいて定義する必要があります。 

pblk 消費の例(ここでは、ファイルを Vscan サーバでスキャンする必要があることを前提としています)。   

これは、プロセスの概要です。以下に示す数字は現実のものではなく、単なる目的の例です。
  • クライアントがfileA.txtストレージコントローラでの読み取り要求を発行します。ストレージコントローラは、クライアントの読み取り要求に pblk を割り当てます。
    消費された PBLK の合計 = 1
  • Filer は、スキャンを要求する vscan サーバ( VSCAN01 )に対して RPC コールを発行しますfileA.txt。つまり、消費された合計 PBKS 数は 1 です
  • 次に、 vscan server vscan 01 は、 Filer 上の共有である ontap_admin$ に対して、スキャン対象のファイルを取得するよう要求します。ファイルをスキャンするには、 Vscan サーバがファイルのすべてまたは一部を読み取る必要があります。
    消費された pblks の合計数 = 2.増加に注意してください。
  • Vscan サーバ VSCAN01 は、ファイルの読み取りを終了し、ストレージコントローラに返信を送信することで、スキャン処理を実行します。
    消費された PBLK の合計 = 1減少を確認します。
  • ストレージコントローラは、 fileA.txt 内部的にスキャン対象としてマークします。
    消費された PBLK の合計 = 1
  • Filer はクライアントの読み取り要求に応答します。
    消費された pblks の合計数 = 0
手順 1 から 6 までの間、クライアントはファイルのウィルススキャンが完了するまで pBlk を保持しています。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support