メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

CIFS 共有の低速参照のトラブルシューティング方法

Views:
240
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
data-ontap-8
Specialty:
cifs
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

説明

用語の意味

 

最初に、次のことを前提とする必要があります。

  • この場合、「参照」とは、管理コマンドプロンプトに移動し、ディレクトリに対して dir を実行することを意味します。 

  • 「 slow 」とは、ディレクトリの一覧表示に表示される遅延のことです。この時点からさらにトラブルシューティングを行うには、この遅延のカウンタが必要です。(例:: 500 個のフォルダとファイルのディレクトリを表示するには、 1 秒かかります)。

  • このコンテキストの「クライアント」とは、 Windows Client 8 以降または Windows Server 2008 R2 以降を指します。また、問題が発生していないクライアントや、問題が発生しているクライアントを特定することもできます。(例:ディレクトリの一覧には、 Windows 10 では通常の遅延がありますが、 Windows Server 2012 R2 ではありません)。

 

次の項目もマークする必要があります。

  • 問題が複数のクライアントで発生している場合は、 1 つのクライアント(例:クライアント A )を選択し、次の点に注意してください。

    • Windows クライアントのバージョン

    • Windows クライアントの IP アドレス

    • 現在 Windows クライアントにログインしているユーザ

 

上記のように定義されていれば、この時点からトラブルシューティングを続行できます。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support