メインコンテンツまでスキップ

ボリュームリカバリキューの使用方法

Views:
211
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.3+
  • ONTAP 9

説明

タイプが RW または DP のボリューム( volume show コマンドの出力で確認可能)に対して volume delete 要求を実行すると、そのボリュームは部分的に削除された状態になります。デフォルトでは、このボリュームは 12 時間以上リカバリキューに保持されたあと、完全に削除されます。 

ONTAP 9.1 以降で FlexGroup ボリュームを削除すると、保持期間が終了するまでメンバーボリュームまたはコンスティチュエントボリュームがボリュームリカバリキューに移動されます。

9.7 以降では、 System Manager [1] の ONTAP System Manager > 削除したボリュームのリカバリを使用して、削除したボリュームをリカバリできます

システムに影響がある場合は、 Active IQ を確認してください

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support