メインコンテンツまでスキップ

SM-S を使用して、想定される遅延とネットワーク RTT を確認する方法

Views:
1
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP
  • SnapMirror 同期関係( SM-S )

説明

  • SM-S 使用時の高遅延のトラブルシューティング
  • 次の手順では、予測レイテンシとネットワークラウンドトリップ時間( RTT )を計算する方法を示します。 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device