メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

reboot(パニック)アラート- AutoSupport メッセージ

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • AutoSupport callhome.
  • HA Group Notification from node(reboot)アラート

イベント サマリ

このメッセージは、パニック(「システムクラッシュ」とも呼ばれる)後にノードがリブートした場合に表示されます。リブートが完了すると、ノードからこのイベントが報告されます。

検証

イベント ログ

event log show -severity * -message-name callhome*

[node1: splog_main: callhome.reboot.panic:alert]: Call home for REBOOT (panic)
Command Line

フェイルオーバーのステータスをチェックしてギブバックが完了したことを確認

::> storage failover show Takeover Node Partner Possible State -------- -------- -------- ------------------ node1 node2 true Connected to node2 node2 node1 true Connected to node1
 
クラスタの健全性

ノードの健全性を確認します。

::> cluster show Node Health Eligibility --------------------- ------- ------------ node01 true true node02 true true

解決策

AutoSupport 対応システム
  • ネットアップでは、AutoSupport でキャプチャされたパニックメッセージを分析しようとします
  • システムの連絡先Eメールで分析と次の手順を確認します。
AutoSupport が無効なシステム
  1. クラスタのテイクオーバーの完了- AutoSupport メッセージに従って 、可能であればギブバックを実行します。
  2. ネットアップサポートサイトから Panic Message Analyzerツールに移動します。
  3. パニック・メッセージおよびONTAP のバージョンをPanic Message Analyzerツールにコピーして、パニックの原因が既知のソフトウェア問題 であるかどうかを確認します。
  1. バグが一致した場合は、バグレポートに記載されているガイダンスに従ってください
  2. パニック・メッセージ既知のバグと安全に一致しなかった場合 解析のためにONTAP 9コアファイルをアップロードし、パニックの原因 をディファインする方法を参照してください(ケース番号が必要です)。

 

注: 何らかの理由でデータアクセスが中断された場合は、すぐにネットアップにお問い合わせください

 

Scan to view the article on your device