メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

スナップショット(スナップショットの問題と解決策を含む

Views:
591
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8.3
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode

回答

この資料には、 SnapShot の運用およびトラブルシューティングのワークフローのほとんどのリストが記載されています。ただし、これは包括的なリストではありません。

これを使用して、特定のカテゴリに分類された一般的に使用されるトラブルシューティング KB に検索を絞り込むことができます。
 

概要

ドキュメント

  • 7-Mode で実行されている Data ONTAP
  • clustered Data ONTAP
  • ONTAP 9

既知エラー:

  • [wafl.snap.create.skip.reason:notice]: <volume>: skipping creation of <snapshot.name> snapshot (Snapshot already exists.)
  • [snapmirror.dst.snapDelErr:error]: Snapshot in destination volume <volume> is in use, cannot delete.
  • This Snapshot copy is currently used as a reference Snapshot copy by one or more SnapMirror relationships. Deleting the Snapshot copy can cause future SnapMirror operations to fail.
  • [raid.mirror.resync.snapcrtfail:warning]: Aggregate <aggr_name>: could not create mirror resynchronization snapshot mirror_resync. (No space left on device).

概要

Snapshot コピーは、ボリュームの読み取り専用のポイントインタイムイメージです。イメージには Snapshot コピーが最後に作成されたあとにアクティブなファイルシステムへの変更だけが記録されるため、ストレージスペースは最小限しか消費せず、パフォーマンスのオーバーヘッドもわずかです。 

Snapshot コピーの効率性は、 ONTAP の中核的なストレージ仮想化テクノロジである Write Anywhere File Layout ( WAFL )によって実現します。WAFL は、データベースのように、メタデータを使用してディスク上の実際のデータブロックを参照します。ただし、データベースとは異なり、既存のブロックは上書きされません。更新されたデータは新しいブロックに書き込まれ、メタデータが変更されます。
    
ONTAP では、 Snapshot コピーの作成時にデータブロックをコピーするのではなくメタデータを参照することで、非常に効率的な Snapshot コピーを作成できます。他のシステムと違ってコピーするブロックを探すシーク時間もなければ、コピー自体を作成するコストもかかりません。
    
Snapshot コピーを使用して、個々のファイルまたは LUN をリカバリしたり、ボリュームの内容全体をリストアしたりできます。Snapshot コピーのポインタ情報をディスク上のデータと比較することで、ダウンタイムや多大なパフォーマンスコストなしで損失オブジェクトや破損オブジェクトが再構築されます。

Snapshot ポリシーは、ボリュームの Snapshot コピーの作成方法を定義します。ポリシーは、 Snapshot コピーを作成するタイミング、保持するコピーの数、および Snapshot コピーにラベルを付ける方法を指定します。たとえば、毎日午前 12 時 10 分に 1 つの Snapshot コピーを作成し、直近の 2 つのコピーを保持して、「 daily 」というラベルを付ける、と指定できます。

1000963-1.png 

ドキュメント

7-Mode で実行されている Data ONTAP

『ストレージ管理ガイド』

次のようなトピックがあります。
Snapshot コピーの削除
FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN での Snapshot
コピーの自動削除 Snapshot コピーとデータ圧縮との相互運用性
Snapshot コピーと重複排除の相互運用
性 Snapshot コピーと Snapshot リザーブボリューム内のスペース
使用量アグリゲート Snapshot コピーの管理
などを行います

『データ保護:オンライン バックアップおよびリカバリ ガイド』


次のようなトピックがあります。 Snapshot 管理
Snapshot コピーとは
Snapshot コピーへのユーザアクセス
Snapshot ディスク使用量と
は何ですか

SAN Administration Guide

次のようなトピックがあります。

「 How do you need for Snapshot copies Deleting busy snapshot
and more            

clustered Data ONTAP

Logical Storage Management Guide

次のようなトピック:
Snapshot コピーを削除すると
、 Snapshot コピーおよび Snapshot リザーブによるボリューム内のスペースの使用
方法 Snapshot コピーと FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN の使用方法
Snapshot コピーと重複排除
機能との相互運用性 Snapshot コピーとの相互運用性 圧縮
など And many more

データ保護ガイド

次のようなトピックが該当します。
Working with Snapshot copies
User access to Snapshot copies
Snapshot copy schedules
Protecting data using Snapshot copies
and more

SAN Administration Guide

次のようなトピックが該当します。
LUN の移動またはコピー Snapshot コピー
への影響ボリューム
内の Snapshot コピーから FlexClone LUN を作成するなど


ONTAP 9

クラスタ管理 > System Manager 9.2 およびを使用したクラスタ管理 [ 前へ ] > [ 論理ストレージの管理 ] > [ ボリューム ]

次のようなトピックが該当します。
Snapshot コピーの作成

自動 Snapshot コピーのスケジュール
など

クラスタ管理 > System Manager 9.2 以前を使用したクラスタ管理 > データの管理 Protection > Snapshot Policies の順に選択します

次のようなトピックが該当します。
Snapshot ポリシー
の作成 Snapshot ポリシーの編集
Snapshot ポリシーの削除
など

データ保護とディザスタリカバリ > データ保護 > 管理 ローカル Snapshot コピー

次のようなトピックが該当します。
Snapshot コピーの操作
Snapshot ポリシーの管理
FlexVol
の Snapshot コピーからファイルをリストアするなど

Provisioning and protocols > SAN Administration > Data protection methods in SAN Environments > Snapshot コピーへの LUN の移動またはコピーの影響

次のようなトピックが該当します。
Snapshot コピーから 1 つの LUN をリストア
Snapshot コピーからボリューム内のすべての LUN をリストア
するボリューム
から 1 つ以上の既存の Snapshot コピーを削除するなど

既知エラー
:具体的な障害状況は、 Data ONTAP の構成やバージョンによって異なります。 

エラー:

[wafl.snap.create.skip.reason:notice]: <volume>: skipping creation of <snapshot.name> snapshot (Snapshot already exists.)

解決:

AutoSupport メッセージ:スケジュールされた Snapshot の作成に失敗しました

エラー:

[snapmirror.dst.snapDelErr:error]: Snapshot in destination volume <volume> is in use, cannot delete.

解決:

VSM の更新に失敗して、「 [snapmirror.dst.snapDelErr: error]: Snapshot in destination volume vol01 is in us, cannot delete] というエラーが表示されます。

エラー:

This Snapshot copy is currently used as a reference Snapshot copy by one or more SnapMirror relationships. Deleting the Snapshot copy can cause future SnapMirror operations to fail.

解決:

残りの SnapMirror Snapshot は、 SnapMirror の初期化に失敗したあとは削除できませんでした

エラー:

[raid.mirror.resync.snapcrtfail:warning]: Aggregate <aggr_name>: could not create mirror resynchronization snapshot mirror_resync. (No space left on device)

解決:

SyncMirror で再同期 Snapshot / SyncMirror Snapshot を作成できませんでした。

追加情報

スペースの詳細についてSnapshot のサイズは 0KB 、または作成後の変更ですは、コマンドラインと System Manager で「 Snapshots size show 0KB 」を参照してください。