メインコンテンツまでスキップ

7MTT ツールを使用すると、 clustered Data ONTAP でボリュームタイプが tmp と表示されます

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
core
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  • コア
  • clustered Data ONTAP 8
  • トラブルシューティング
  • KCS 認定外

問題

TMPの例に示すように、ボリュームタイプがと表示されることがあります。
netapp1::*>volume show -vserver cow -volume gesling -instance 

Vserver Name:cow
Volume Name: gesling
Aggregate Name: aggr1_New
Volume Size: 466.7GB
Name Ordinal: base
Volume Data Set ID: 1010
Volume Master Data Set ID: 1234567899
Volume State: online
Volume Type: TMP
Volume Style: flex

ボリュームを操作しようとすると、一時的にマークされているボリュームなど、一部のエラーが報告されます。ボリュームの拡張や Snapshot の削除を実行したり、SnapMirror 処理を開始することはできません。ボリュームはまだオンのままです。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support