メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

clustered Data ONTAP がリモートサーバへの接続を確立するために使用する LIF ロールはどれですか。

Views:
84
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

clustered Data ONTAP 8
clustered Data ONTAP 8.3
clustered Data ONTAP 8.2
clustered Data ONTAP 8.1

回答

システム

に影響がある場合は、 Active IQ を確認してください。 Data ONTAP サービスは、クラスタ内のノードからネットワーク接続を開始する場合があります。  たとえば、 AutoSupport 、 SNMP 、時刻同期、 syslog などです。ノード管理インターフェイスが設定され、使用可能な場合は、これらの接続に適しています。

Data ONTAP は、 Active Directory 、 NIS 、 DNS 、 LDAP などのネームサービスにアクセスするときに、 Storage Virtual Machine ( SVM )に属するデータまたは SVM 管理インターフェイスからこれらの接続を開始することを推奨します。

Data ONTAP はこれらのタイプのインターフェイスを優先しますが、実行コンフィギュレーションに基づいて接続を開始します。  IP ルーティングの決定に影響を与える要因には、次のようなものがあります。

  • 設定さ
    れた IP アドレス、ネットマスク、およびルート Data ONTAP ノードは、クライアントアクセス、データレプリケーション、およびシステム管理のために多数のネットワークインターフェイスをホストできます。  マルチホームネットワークホストを設定する場合は、ネットワークがホストの通信ニーズをサポートするように注意してください。

  • SVM ネームサービスの設定
    clustered Data ONTAP ( CDOT )の早期リリースでは、 Data SVM はクラスタに設定されたネームサービスを使用できました。  CDOT 8.3 以降では、各データ SVM が独自のネームサービス設定を使用する必要があります。

  • IPspace の設定
    Data ONTAP では、 IPspace 間のネットワーク・トラフィックはルーティングされません。

  • Data ONTAP のリリース
    Data ONTAP に新機能や改善点が追加されたことで、一部のネットワーキングルールや機能も変更される可能性があります。  これらの変更点については、各リリースで文書化しています。以下の参照先を参照して

clustered Data ONTAP 構成のイーサネットストレージ設計に関する考慮事項とベストプラクティスについては、 TR-4182 を参照してください。

ノード管理インターフェイスに関する注:

Data ONTAP 8.x 7-Mode では、通常、 e0M がノード管理インターフェイスになります。  クラスタ化された Data ONTAP 管理者は、ノード管理 LIF を別々のポートに設定できます。

ノードのノード管理インターフェイスは、他のタイプのトラフィック(たとえば データ、クラスタ間、および SnapMirror )。ほとんどの構成では、ノード管理インターフェイスに、 syslog 、時刻、メールサーバなどの他のホストへのルートを設定する必要があります。

 

Data ONTAP のリリースごとの考慮事項: 

  • 7-Mode Data ONTAP ネットワーキングは CDOT とは異なりますが、同様の IP ルーティングロジックを使用して、ネットワークトラフィックのソースインターフェイスを選択します。
  • CDOT 8.3 よりも前のバージョンでは、クラスタノードはホストされている LIF からネットワークトラフィックを開始できました。
  • clustered Data ONTAP ( CDOT ) 8.3 以降、ネットワークトラフィックは分離され、 SVM が自身の LIF からのみ接続を開始できるようになりました。  exmaple の場合:データ SVM は、自身のデータまたは SVM 管理 LIF からのみトラフィックを開始できます。ノード自体は、管理 SVM の一部として、データ SVM の LIF からトラフィックを開始できません。

  • Data ONTAP の各リリースに対応した『 Network Management Guide 』( http://mysupport.netapp.com/documentation/productsatoz/index.html )を公開しています

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device