メインコンテンツまでスキップ
If you missed the pre-registration for NetApp MS Azure AD B2C Go Live, when you log in, the new login prompt will offer the option to register. Please note that access to your NetApp data may take up to 1 hour. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

クライアントの誤動作を軽減する CIFS の値は何ですか。

Views:
237
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP 8.3
  • ONTAP 9

回答

  • 表示された次の EMS メッセージについて確認します。
    • Nblade.cifsMaxSessPerUsrConn
    • Nblade.cifsSameTreePerSess
    • Nblade.cifsMaxOpenSameFile
    • Nblade.cifsMaxWatchesPerTree
  • それぞれのフィールド、そのデフォルト値、および対処方法の概要を次に示します
接続ごとの最大同一ユーザセッション数
  • EMS Nblade.cifsMaxSessPerUsrConn
  • フラグ -max-same-user-sessions-per-connection [0..4294967295]
    • この値は、接続ごとに同じユーザが開いたセッションの最大数を指定します。9.3 より前のデフォルト値は 2050 で、 9.3 以降のデフォルト値は 2500 です。
syslog メッセージ 1 つの TCP 接続で同じユーザからのセッション要求が多すぎます。 ClientIP :ポート %s : %d 、ユーザ「 %s 」。オブジェクトタイプ: %s 、 UUID : %s 。
重大度 err
説明 このメッセージは、 TCP 接続でユーザごとに許可されたセッション数を超えた場合に表示されます。この要求およびそれ以降のセッション確立要求は、一部のセッションが解放されるまで拒否されます。これは通常、クライアントまたはアプリケーションの障害が原因です。
対処方法 クライアントで実行されているすべてのアプリケーションを検査し、正常に動作していないアプリケーションを終了します。クライアントをリブートすることも役立ちます。クライアントが期待どおりに動作しているにもかかわらず、より高いしきい値を必要とする場合があります。この場合は、( privilege : advanced )「 cifs option modify -max-se-user-sessions-per-connection 」コマンドを使用して設定できます。
セッションごとの最大同一ツリー接続数
  • EMS Nblade.cifsSameTreePerSess
  • フラグ -max-same-tree-connect-per-session [0..4294967295]    
    • この値は、セッションごとに同じ共有に接続するツリーの最大数を指定します。9.3 より前のデフォルト値は 4096 で、 9.3 以降のデフォルト値は 5000 です。
EMS 識別子 nblade.cifsAmetreePeress
syslog メッセージ 1 つのセッションから同じ共有への接続要求を多数受信しました: ClientIP :ポート %s : %d 、共有「 %s 」、ユーザ「 %s 」。
重大度 err
説明 このメッセージは、セッションごとに許可されている同じ共有への接続数を超えた場合に表示されます。この要求と、その共有への別の接続を確立するための以降の要求は、共有への接続が解放されるまで拒否されます。これは、通常、クライアントの異常な動作を示します。
対処方法 接続を使用してアプリケーションを検査し、クライアント上の他のアプリケーションも監視します。クライアント上で実行されているアプリケーションに障害があるため、クライアントが正しく動作していない可能性があります。クライアントをリブートすることも役立ちます。クライアントが期待どおりに動作しているにもかかわらず、より高いしきい値を必要とする場合があります。この場合は、( privilege : advanced )「 cifs option modify -max-se-tree -connect-per-session 」コマンドを使用して設定できます。
最大 (Max) - ツリーごとに同じファイルを開きます
  • EMS Nblade.cifsMaxOpenSameFile
  • フラグ -max-opens-same-file-per-tree [0..4294967295]   
    • CIFS ツリーごとに同じファイルに対する最大オープン数を指定します。9.3 より前のデフォルト値は 800 で、 9.3 以降のデフォルト値は 1000 です。
EMS 識別子 nblades.cifsMaxOpenNameFile
syslog メッセージ 1 人のユーザが同じファイルに対するオープンファイル要求を 1 つの接続で受信しました。 ClientIp :ポート %s : %d 、ファイル %s :共有「 %s 」。オブジェクトタイプ: %s 、 UUID : %s 。
重大度 err
説明 このメッセージは、ユーザが TCP 接続を介してファイルを開こうとした回数を超えた場合に表示されます。この要求と、ユーザによる同じファイルのオープン要求は、ファイルのオープンインスタンスがクローズされるまで拒否されます。これは、通常、アプリケーションの異常な動作を示します。
対処方法 この TCP 接続を使用して、クライアントで実行されているアプリケーションを検査します。アプリケーションが実行されているために、クライアントが正しく動作していない可能性があります。クライアントをリブートすることも役立ちます。クライアントが期待どおりに動作しているにもかかわらず、より高いしきい値を必要とする場合があります。この場合は、( privilege : advanced )「 cifs option modify -max-chree-same -file-per-tree 」コマンドを使用して設定できます。
ツリーごとに設定された最大ウォッチポイント数
  • EMS Nblade.cifsMaxWatchesPerTree
  • フラグ -max-watches-set-per-tree [0..4294967295]     
    • この値は、ツリーごとに確立された変更通知の最大数を指定します。9.3 より前のデフォルト値は 100 で、 9.3 以降のデフォルト値は 500 です。
EMS 識別子 nbladed.cifsMaxWatchesPerTree です
syslog メッセージ 1 つのツリーで受信した変更通知要求の数が多すぎます。 ClientIP :ポート %s : %d 、共有 %s のディレクトリ「 %s 」。
重大度 err
説明 このメッセージは、ディレクトリウォッチ(変更通知)要求の総数がツリー単位の制限を超えた場合に表示されます。この要求とそれ以降のディレクトリウォッチ要求は拒否されます。これは、通常、クライアントの異常な動作を示します。
対処方法 接続を使用してアプリケーションを検査し、クライアント上の他のアプリケーションも監視します。クライアント上で実行されているアプリケーションに障害があるため、クライアントが正しく動作していない可能性があります。クライアントをリブートすることも役立ちます。クライアントが期待どおりに動作しているにもかかわらず、より高いしきい値を必要とする場合があります。このしきい値は、( privilege : advanced )「 cifs option modify -max-watch -set-per-tree 」コマンドを使用して設定できます。
  • エラーが表示された場合
    • 例:
      •  Nblade.cifsMaxWatchesPerTree
  • Syslog トランスレータの指示に従います。
 
説明 このメッセージは、ディレクトリウォッチ(変更通知)要求の総数がツリー単位の制限を超えた場合に表示されます。この要求とそれ以降のディレクトリウォッチ要求は拒否されます。これは、通常、クライアントの異常な動作を示します。
対処方法 接続を使用してアプリケーションを検査し、クライアント上の他のアプリケーションも監視します。クライアント上で実行されているアプリケーションに障害があるため、クライアントが正しく動作していない可能性があります。クライアントをリブートすることも役立ちます。クライアントが期待どおりに動作しているにもかかわらず、より高いしきい値を必要とする場合があります。このしきい値は、( privilege : advanced )「 cifs option modify -max-watch -set-per-tree 」コマンドを使用して設定できます。

 

  • 上記のコマンドは、 cifs options modify コマンドファミリーで使用できます
  • 最大値は、数値を保持するフィールドの制限として考慮する必要があります
  • クラスタの構成はそれぞれ異なり、物理的な制約によって異なる最大数が必要になる場合があります
  • これらの値を変更する際には、原因で解決される以上の問題が発生しないようにテストを行う必要があります
  • 上記のいずれかのエラーが発生しています。価値を高める必要がありますか?
    • 対応処置を確認します。
    • クライアントが値を超えることを期待していますか?
      • これが想定される場合の例としては、 Xen サーバ、 IIS サーバ、 Web サーバ、または複数のユーザの代わりに CIFS セッションを確立するその他のデバイスなどがあります。
      • 想定されない場合は、クライアント側で調査( OS / アプリケーションベンダー)を実行する必要があります
        • この場合、などのストレージ管理以外にも関与が必要になることがあります サーバまたはアプリケーションの管理
          • OS / アプリケーション管理者がわからない場合は、クライアント OS やアプリケーションベンダーにケースをオープンしてください。
  • どの値に設定する必要がありますか?
    • このガイダンスは、クライアント OS / アプリケーションベンダーから提供されるのが理想的です。
  • クライアント OS / アプリケーションベンダーは、これらの値に関するガイダンスを提供しません
    • デフォルト値を自然な方法で超えることが期待されているが、自然な動作がどのように行われるかが不確実な場合は、より高い値をテストする必要がある。
  • 値をに設定するのに最適な数値を決定する完全な方法はありません。
    • テスト方法の 1 つとして、エラーが返された場合は値が 2 倍になる、 2 倍になるなどがあります
    • もう 1 つの方法では、エラーが解消されるまでの間、値の増加が遅くなります。( OS / アプリケーションベンダーの動作が予想される)

追加情報

ONTAP 9.3 では、これらのフィールドのデフォルト値が拡張されました。以前のバージョンから ONTAP 9.3 以降にアップグレードされた一部またはすべてのファイラーは、元のデフォルト値を保持しますが、これらの値は上記の手順を使用して必要に応じて変更できます