メインコンテンツまでスキップ

コンシステンシ・ポイントと直接書き込みのメリットは何ですか

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

回答

次の特性は、書き込みをディスクに直接渡す代わりに整合ポイントを使用する主なメリットの一部です。

  • WAFL ファイルシステムの整合性:
    • 電源喪失時でも、 WAFL ファイルシステムは一貫した状態のままです。
      • コントローラによってクライアントに確認されたすべての操作は、一貫性があることが確認され、そのまま維持されます。
      • WAFL ファイルシステムの整合性チェックが不要なため、ノードがどのように停止しても、迅速にブートできます。
  • クライアント書き込みパフォーマンスの向上:
    • メモリは回転式メディアに比べて大幅に高速なため、エンドクライアントは書き込みの確認応答速度を高め、次の書き込み要求の処理を続行できます。
      • ディスクへの書き込み処理は、多数の小さなランダム書き込みではなく、より大きなシーケンシャル書き込みにグループ化できるため、ディスクサブシステムのパフォーマンスも向上します。
  • 最適化されたデータレイアウト:
    • ディスクへの書き込みは一括で処理されるため、 WAFL サブシステムは、ディスク上の連続するスペースに、より大きなデータ領域を割り当てることができます。
      • これにより、データレイアウトのランダム化の可能性が最小限に抑えられ、データ再配置が不要になります。
  • 不揮発性 RAM ( NVRAM ) / メモリバッファサイズの要件の減少:
    • これは最初は明らかではありませんが、書き込み要求が到着した時点で記録されるメモリ量は、 WAFL ( Write Anywhere File Layout )および RAID レイヤによる処理後にキャッシュが実行された場合に必要となるメモリ量よりもかなり少なくなります。
    • これにより、 NVRAM の障害によってファイルシステムが損傷し、通常のファイルシステム整合性チェックでは検出も修正もできないことも防止されます。

追加情報

AdditionalInformation_Text