メインコンテンツまでスキップ

既存のアグリゲートにディスクを追加する場合のベストプラクティスを教えてください。

Views:
962
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • FASシステム

回答

警告:

  • この記事では、環境ハードドライブディスク(HDD)アグリゲートについて説明しますが、 SSDアグリゲート、FabricPool、またはCloud Volumes ONTAP(CVO)アグリゲートには再割り当てを実行しないでください。
  • CVOの場合は、新しいアグリゲートを作成し、既存のボリュームをボリュームに移動してから、既存のアグリゲートを削除してください。
  • ディスクファームウェアの更新を実行し、効率化のベストエフォートをバックグラウンドに変更したあとも、アグリゲートのディスク利用率が原因で高いレイテンシが発生するため、アグリゲートにさらにディスクを追加する必要があります。
  • 最高のパフォーマンスを得るには、既存のRAIDグループに同じサイズの新しいRAIDグループを追加することを推奨します。
    • 新しいRAIDグループを追加できない場合は、少なくとも3つ以上のディスクを既存のRAIDグループに同時に追加する必要があります。
    • これにより、ストレージシステムは複数のディスクに新しいデータを書き込むことができます。
  • 強制再割り当てを 実行して、 RAIDグループ全体にデータを均等に分散する必要があります。そうしないと、  新しい書き込みのほとんどが新しいディスクに書き込まれ、ワークロードの不均衡が発生します。
    • 再割り当てを実行しないとパフォーマンスが低下し、 統計は 次のようになります。
    • 最終的に、WAFLは自身で修正しますが、これには数ヶ月かかることがあります。
::> set advanced ::*> node run -node node_1 statit -b /* wait 60s */ ::*> node run -node node_1 statit -e ... disk ut% xfers ureads--chain-usecs writes--chain-usecs cpreads-chain-usecs greads--chain-usecs gwrites-chain-usecs /aggr_data/plex0/rg0: 0a.10.6 32 84.50 0.16 3.65 5014 40.70 58.65 357 43.63 55.17 217 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.8 32 83.93 0.17 3.55 4777 40.51 58.94 356 43.25 55.71 216 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.10 51 111.80 29.66 10.65 1862 26.92 29.12 772 55.22 14.13 677 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.12 52 112.22 30.35 10.71 1825 26.91 29.93 735 54.96 14.16 689 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.14 53 112.81 30.63 10.34 1956 27.08 29.59 777 55.10 14.31 697 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.16 54 114.66 31.85 10.76 1902 27.46 30.05 783 55.34 14.45 680 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.18 53 114.26 30.45 11.23 1781 27.84 30.42 784 55.97 14.68 675 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.20 52 113.79 29.10 8.11 2510 27.69 30.14 744 56.99 14.33 673 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.24 53 116.80 29.56 8.08 2443 28.82 30.73 754 58.41 14.49 657 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.26 54 117.57 31.09 8.67 2353 28.63 30.12 752 57.85 14.49 661 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.28 55 118.71 30.31 9.07 2323 29.45 30.87 752 58.95 14.71 661 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.30 50 106.95 28.86 8.86 2197 24.60 29.18 704 53.49 14.21 668 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.36 78 154.61 48.59 11.54 2426 45.44 39.71 863 50.57 20.24 479 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.38 75 158.05 61.35 8.91 2969 39.69 29.13 914 47.01 15.24 666 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.40 75 156.63 60.31 9.21 2918 39.65 29.75 903 46.67 15.51 680 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.42 75 158.28 60.53 9.48 2803 40.21 29.83 896 47.54 15.47 666 0.00 .... . 0.00 .... . 0a.10.44 76 159.14 67.07 7.15 3959 38.21 39.97 682 43.86 19.47 572 0.00 .... . 0.00 .... . 
再割り当てはどのように行う必要がありますか。

この点 については、担当のアカウントチームと検討する必要があります。

FlexVol
  • 強制再配置では、通常の再配置プロセスとは異なり、最適化のしきい値が無視され、データが完全にディスクに書き換えられます。
  • これによりレイアウトは改善されますが、 [-force|-f [true]] アグリゲートに過剰な負荷がかかるため、定期的に再割り当てを使用することはベストプラクティスではありません。
  • また、すべてのデータが最適化されているため、物理的な再配置方法([ -space-optimized|-p [true] ])も使用しないかぎり、既存のSnapshotコピーがあるボリュームに対して強制再配置を実行することはできません。
    • cluster::> reallocate start -vserver svm0 -path /vol/vol1 -f true -p true
    • 一度に1つのジョブを実行でき、パフォーマンスオーバーヘッドが存在する場合は、2つ目のジョブを追加できます。
FlexGroup
  • 再割り当ては アグリゲートレベルで実行できますが、多くの場合、ディスクサイクルにコストがかかり、数日から数週間かかることがあります。
  • ボリュームの再割り当てを実行できないため、アグリゲートの再割り当てが必要です。
    • cluster::> storage aggregate reallocation start -once true -aggregate <aggr_name>
ボリューム移動
考慮すべき重要なポイント
  • 最も静かな時間(午後5時以降や週末など)をActive IQ Unified Manager特定するには、[Aggregates]の下の[Performance]、[Nodes]の下の[Nodes]を確認することを推奨します。
  • 再割り当てによって追加のオーバーヘッドが原因されるため、これを考慮する必要があります。
    • ジョブあたりのパフォーマンスオーバーヘッドの10~30%は原因になると見積もられていますが、これは概算であり、多かれ少なかれかかる可能性があります。
    • ディスク利用率が高い場合は、最もビジーなボリュームを最初に実行し、アグリゲート内の最も静かなボリュームを使用します。

 

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.