メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ハードマウントとソフトマウントの違いは何ですか

Views:
352
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

NFS
NAS プロトコル

回答

ハードマウントとソフトマウントの違いは何ですか。


NFS

クライアントでは、 NFS プロトコルを使用して、ローカルファイルシステムと同様に、 NFS サーバに存在するファイルシステムをマウントできます。

たとえば、次のようにして、 host.server.com の「 /home 」ディレクトリをクライアントマシンにマウントできます。

# mount host.server.com:/home /mymountpoint

“/mymountpoint”NFS パーティションを保持するディレクトリをマシンに作成する必要があります。
ハードマウントまたはソフトマウントオプションは、 NFS クライアントが NFS サーバのクラッシュ / 障害を処理する方法を定義します。


ハードマウント:
一般に、ローカルディスクや SAN などのブロックリソースに使用されます。NFS ファイルシステムマウントがハードマウントの場合、マウントされたリソースの任意の部分に影響を与える NFS 要求は、要求が満たされるまで繰り返し発行されます(たとえば、サーバがクラッシュし、後でバックアップされます)。サーバがオンラインに戻ると、プログラムはサーバのクラッシュ時の状態に影響を受けずに実行を継続します。マウントオプション「 INTR 」を使用すると、サーバがダウンした場合やサーバに到達できなかった場合に NFS 要求を中断できます。したがって、推奨される設定はハードオプションと INTR オプションです。


メリット: :

  • 接続が失われた場合、 NFS サーバがオンラインに戻るまで、すべての NFS クライアントがフリーズします。したがって、データの損失はありません。
  • データの整合性とメッセージングが保証されます。

欠点: :

  • 常時接続では、パフォーマンスに影響が出る可能性があります。

マウントポイント /mymountpoint 上のリモートマシン host.server.com から /home ディレクトリをハードマウントするコマンド。rw ●読み取り / 書き込み用にマウントされたリソース、およびキーボード割り込み用に INTR を有効にします。 

mount -o rw,hard,intr host.server.com/home /mymountpoint

ソフトマウント:
ソフトマウントは通常、 NFS や CIFS などのネットワークファイルプロトコルに使用されます。NFS ファイルシステムマウントがソフトマウントの場合、プログラムまたはアプリケーションが NFS ファイルシステムからファイルを要求すると、 NFS クライアントデーモンは NFS サーバからデータを取得しようとします。NFS は、次のいずれかが実行されるまで、サーバへの接続を繰り返し試行し

  • 接続が確立されます
  • NFS 再試行のしきい値に達しました
  • nfstimeout 値に達しました

これらのイベントのいずれかが発生すると、制御は呼び出し元のプログラムに戻ります。
ただし、 NFS サーバから応答が得られない場合(クラッシュ、タイムアウト、 NFS サーバの障害など)、 NFS クライアントはファイルアクセスを要求しているクライアントマシン上のプロセスにエラーを報告し、終了します。


メリット: :

  • このメカニズムの利点は、 NFS サーバが応答するのを待たないため、「高速応答」です。
  • NFS サーバが使用できない場合、カーネルは事前に設定された時間が経過すると I/O 処理をタイムアウトします。

欠点

  • 欠点は、 NFS ドライバがデータをキャッシュし、ソフトマウントがタイムアウトした場合、アプリケーションが NFS ボリュームへの書き込みが実際にディスクにコミットされたかどうかを認識しないことです。
  • データの破損または損失。

マウントポイント /mymountpoint 上のリモートマシン host.server.com からソフトマウントするコマンド

mount -o rw,soft host.server.com/home /mymountpoint

現在システムに存在するマウントの種類を確認するには、次の手順を実行します。
[usero1@Linux01 ~]$ nfsstat -m

/home from vrouter:/home
Flags: rw,relatime,vers=4.1,rsize=262144,wsize=262144,namlen=255,hard,proto=tcp,port=0,timeo=600,retrans=2,sec=sys,clientaddr= 10.0.0.1,local_lock=none,addr=10.0.0.2
/mnt/test from svm-data-lif1:/vol_unix
Flags: rw,relatime,vers=4.0,rsize=65536,wsize=65536,namlen=255,hard,proto=tcp,port=0,timeo=600,retrans=2,sec=sys,clientaddr= 10.0.0.1,local_lock=none,addr=10.0.0.2

追加情報

AdditionalInformation_Text :