メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SCSI UNMAP ( TRIM )コマンドをサポートするホストスタックの推奨事項は何ですか。

Views:
1,501
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8

回答

UNMAPこのコマンドは、ホスト OS 、アプリケーション、または仮想マシンによって削除されたブロックからスペースを再利用するために使用される T10 SCSI コマンドセット内で標準化された SCSI コマンドです。現在のコンピュータ業界で広く採用UNMAPされているシンプロビジョニングテクノロジでは、このコマンドを使用して、ストレージ利用率の向上、柔軟な容量計画、ノンストップのストレージプロビジョニングサービスを実現しています。UNMAPコマンドは、インラインまたはオフラインの操作として使用できます。

UNMAPData ONTAP 8.1.3 以降では、コマンドのサポートが追加されています。

ホストスタックはUNMAP、異なる角度へのコマンドをサポートしています。

次に、さまざまなホストスタックの一般的な推奨事項の概要を示します。

Windows:

Server 2012 以降の NTFS でUNMAPは、コマンドがサポートされます。インラインUNMAPコマンドを有効にするには、 huk 6.0.2 または ontapdsm 4.0 以降を使用します

VMware:

ESX 5.0U1 でUNMAPは、コマンドが無効になります。vmkfstools を使用してスペースを再利用することを推奨します。 VMware kb を参照して、シン
プロビジョニング LUN で VMFS によって削除されたブロックを再利用してください。詳細については、 VMware KB 2014849 を参照してください

Linux:

RHELUNMAP では、廃棄処理を使用して、コマンドを使用してスペースを再利用します。オンライン廃棄(–o discard mountオプションを使用したきめ細かな廃棄)とオフライン廃棄( Fstrim ユーティリティを使用したバッチ廃棄)の両方をサポートします。

システムのワークロードがバッチ廃棄を実行できない場合や、パフォーマンスを維持するためにオンライン廃棄処理が必要な場合を除き、バッチ廃棄処理を使用することをお勧めします。RHEL6RHEL7および RHEL8 の詳細については、を参照してください

Solaris :
Solaris は、ファイルシステム UFS の SCSI UNMAP をサポートしていません。Solaris 11.1 以降( 10 月2012)ZFS は SCSI UNMAP をサポートしています。これは、パッチ 150400-16 を適用した Solaris 10 にバックポートされました。

AIX および HPUX :

これらのオペレーティングシステムはUNMAP、コマンドをサポートしていません。

Symantec

Symantec でUNMAPは、 Solaris/Linux および AIX のインラインコマンドはサポートされていません。UNMAPコマンドの使用方法[1]の詳細については、『 Symantec Storage Foundation 管理者ガイド』のシン再生に関するセクションを参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device